PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【3ヶ月9日目】 ゆきミニ初海。

 久しぶりに更新間隔が開いてしまいました。
 ちょっと気分的にそれどころじゃなかったので。

 乳腺炎をやらかしてから、すぐ熱は下がったんですがしこりが取れず、母乳マッサージでお世話になっている助産師さんに『ちょっと気になるから乳腺外科に行ってきたほうがいいよ。』 と言われ…。
 もともと出産してすこししてから気づいたしこりも一つあり、先日の乳がん検診での超音波検査で『変なものはありませんよ。』と言われていたものの、外科ではなく婦人科のお医者さんで専門ではなかったので不安は完全には払しょくされていなかったんです。

 もしこれが悪い腫瘍とかだったらどうしよう…!
 この子と旦那を残して逝けない!
 もともと旦那より後に死ぬって決めてるし!(別にそのあと人生を謳歌しようとかそういう意味ではなく、先に逝かれることによる絶望的な喪失感を味わわせずに済むように…って、どんだけうぬぼれ屋さんだ、私。むしろ私のほうが耐えられないんじゃ…)
 いやいや、市のがん検診で大丈夫だって言ってるんだからそんな最悪なことにはならんだろう。いやいやいやしかし…。

 なーんてことを考えてはネットで“授乳 乳がん しこり” とか検索してみたりして。

 そんなことをしても安心感が得られるはずもなく…。
 むしろ『もともとあったガンが妊娠出産授乳を機に急激に進行する場合もあります』とかみつけちゃったりして。

 どうせならちゃんと専門医に診てもらおう!
 と、教えてもらった病院へ家族三人で行ってきました。
 なんで全員で行ったかと言うと、病院が遠く且つ時間がどれだけかかるかわからなかったので、授乳間隔をあけすぎないために。

 いや~、大変でした。(おもに旦那が)

 最初のギャン泣き時には病室を好意で貸していただいて授乳したんですが、その後ぐずりだしたら止まらない。さすがに外科の待合室で泣かせっぱなしにするわけにはいかないので、抱っこ紐にゆきミニを入れてひたすら放浪してもらいました。ここが小児科ならねぇ…そこまで白い目で見られなかったんでしょうけど。

 病院が海のそばだったので、ゆきミニ図らずも海と初遭遇。旦那の携帯により撮影。

 ゆきミニと海

 って、本人見ちゃいませんが。
 潮騒の音が心地よかったのか寝てくれたみたいです。

 胸元に赤子をひっつけた男が海を眺めてたそがれている…と言う状況がまわりの釣り人その他の方々の目には奇異に映ったようで、『「この人心中でもするんじゃないか。」って思われてそうだった~。』 と旦那。
 うう、苦労かけたねえ。

 で、私の結果。
 やっぱり授乳中と言うことでマンモグラフィーはやってもらえなかったんですが、超音波で念入りに見てもらい、

 『乳瘤(にゅうりゅう:母乳の溜まった部分)は一つありますが、気にされている部分は乳腺しかありません。授乳中なので乳腺が活発化しているだけです。ガンとかそういったものは全く大丈夫です。』
 
 ときっぱりお墨付きを頂きました。
 『とは言え当人は気になるだろうから、母乳の需要と供給も少しは落ち着くであろう3ヶ月後にまた経過を診せにいらっしゃい』と。

 まだ全然しこりは残ってるんですけど、先日のがん検診・今回の専門医ともに同じ見立てだったので気分的に楽になりました。
 
 旦那の努力のおかげか私が合流する頃にはすっかり大人しくいい子になっていたゆきミニを車に乗せて、帰宅。
 いやー、疲れました。
 午後はいくら一緒に昼寝しても眠いし。

 たぶんもっと疲れたのは旦那とゆきミニだよなぁ。
 申し訳ない&ありがとう。
 やっぱり家族全員健康が一番ですね。
関連記事

| 3ヶ月 | 22:28 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

よかった

不安解消されて良かったですね。なんだか心配がどんどん増していくのってわかります。以前私も周りで年の変わらない人が突然亡くなったり、脳梗塞になったりしたりした影響か、変な頭痛とか手の痺れが続いた時に不安になって大きな病院へ駆け込みました。やっぱり「大丈夫だと思うけど不安でしょうから」と言っていろいろ検査してもらって、やっぱり何ともないと言うのがわかって安心したのを覚えています。でももう大丈夫だと本人は思ってるのに、お医者さんから「念のため胃カメラ飲みましょう」って言われた時は結構げんなりでしたが。

| 母@厚木 | 2009/07/05 01:58 | URL | ≫ EDIT

母@厚木さま

頭痛や手の痺れ、不安ですよね。
なんで「念のため胃カメラ飲みましょう」だったんだろう…場所的に全然関係なさそうですが。

私もなんともなくて本当によかったです。
ガン云々とは別に胸のトラブルの心配はまだ当分続くと思うとドキドキですが。
なーんの気兼ねもなくおいしいものを食べられる日が待ち遠しいです。

| yukimi | 2009/07/05 22:11 | URL |

失礼しました

胃カメラは頭痛や手の痺れとは別件でした。胃は学部生の終わりごろに胃潰瘍寸前状態になって以降しょっちゅう壊していたのですが、ちょうど会社を辞める2ヶ月前くらいに激痛がしたときの話です。そういえば他にも下腹部痛が長期間続いて婦人科と泌尿器科をはしごしたこともありましたね。どんだけ心配性なんでしょう。

気兼ねなくおいしいものが食べられる日、確かに待ち遠しいですね。3ヵ月後くらいに需要と供給がということはそれくらいの辛抱でしょうか?

| 母@厚木 | 2009/07/06 05:35 | URL | ≫ EDIT

母@厚木さま

そうだったんですね~。
私はあまり病院にお世話になったことがなかったので、いざ病院へとなるとちょっとビビっちゃいます(^^;)
怖がらず早めに診てもらうべきですよね。
それにしても胃カメラって苦しそうですよね。やったことないんですけど。

気兼ねなく食べられるのはたぶん断乳するまで無理じゃないかな~と思ってます。
乳腺炎うんぬんがなくても食べたもので母乳の味も変わるし、そもそもお酒は飲めないし…。
ううっ。仕方ないですね。

| yukimi | 2009/07/06 21:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://weddinglife.blog13.fc2.com/tb.php/423-28c8b755

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。