PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私がフルタイム就労を選択した理由~2教育編

 フルタイムで働くことを選択した理由。
 ずいぶん間があいたね、君。
 ・・・それはもはや当ブログの仕様です。(あ。開き直った。)

 その2、教育。

 そもそも私が働いてお金を得ようと思った理由は、家も買ったことだし家計を助けるため・・・ではありますが、贅沢せず暮らして行くなら、頑張って働いてくれている夫の稼ぎである程度は何とかなります。

 問題は、教育費。

 子どもがどんな道を行きたいと言うか、またどんな道に行かせるのがベストだと思えるか、まだわからない。
 将来選びたい道があった時に、お金が理由でその道を閉じてしまうことのないように。
 もちろん、状況に応じて“諦めさせる”もしくは“自分で道を拓かせる”のもまた教育の一つではあると思いますが。 

 私自身のことをお話しますと、

 小中高公立、塾通いなし
 大学は地元の国立
 私立大学の受験なし(受かっても絶対行けないから)
 学費は育英会の一種奨学金(全額自己返済)

 自分で言うのもなんですが、お金かかってない方だと思います。
 
 成績、良かったです。
 もう自分の人生の半分くらい昔のことだから臆面もなく言いますけど。
 『医学部以外ならどの大学でも行ける。』と言われてました。(中途半端w)
 
 でも、『私立無理、地元以外無理、しかも奨学金もらわないと無理。』と言われていた私は、『地元でいける一番いいとこに行っとけばいいか。』と何も考えなかった。
 大学に行く目的、その先に人生があること、なーんにも考えてなかったんですね。
 バカです。

 センター試験一ヶ月前の面談で、担任にもったいないとか何とか言われたのか、
 親から『行きたいなら地元でなくどこへでも・・・』と急に言われ、『そんなん今言われても考えてないし!』と結局そのまま。

 ふと思うのです。

 『最初から選択肢が与えられていたら、私は別の道を選んでいたのかな?』と。

 たぶん、冒険のできない私の性格的に、結局同じことになっていたとは思うのだけれど。
 子どもたちには、選択の余地があるうえで自分で悩んで選びとってほしい。

 以上は、【教育】というより【教育費】という観点ですがもう一つ。


 働く母親の姿、見せるの悪いことじゃないと思ってます。

 私が子どもの頃は、専業主婦の母親が多かった。
 今は、共働き世帯数>夫が勤め人・妻が専業主婦世帯。
 (共働き世帯+妻専業主婦世帯を100とすると、割合は55:45くらい?)
 私の子どもたちが大人になるころには、もう共働き当たり前になってるかもしれない。 
 いいか悪いかは別にして。
 しかし共に働かねば生きていけない時代なら、そうやっていくしかない。
 
 働く姿を見て育ったら、それが普通のこととして自分も道を選べるでしょう。
 私はどうしても自分が子どもを産んでからバリバリ働く姿を描けなくて、育休取れるかとかそういうこと全く考えずに就職してしまったんですよね。
 バカです。(二度目)

 ここでは、じゃあ専業はダメなのかとかそういうことを言いたいのではありません。
 そもそも専業の家庭で育ったって、バリバリ働いている方なんてごまんとおられます。
 私は周囲の環境に流されやすく、受身的な生き方をしていたから自分の家庭という少なすぎるサンプルでしか自分の将来を想像できなかっただけで。
 
 なんだか文章がぼんやり長くになってきたのでこの辺にしときますが(まとめる努力をしろ)、
 両親ともに働く姿、分担や助け合いが当たり前の姿を見せること、これも教育の一つだと思うという話です。
 (あっ一行で終わったじゃないかw)

 もちろん、働く姿を見せると言ってもただ働いてればいいってわけじゃないとは思います。
 いやいや働くんじゃなく、私が働くことで生き生きし、成長する様を見せていかないと。 

 子どもたちから、大好きな母親と過ごす時間10時間近く×2人分もらって仕事に行ってるわけだから、いい加減なことはできませんよねぇ。
 当たり前のことだけど、絶対忘れそうになる日が来るから自戒を込めて。
 
 なんか言いたいこと言ってたらまとめられなくなってきたので次号、3.人生設計と自分の能力との兼ね合い 編へ続く。
(だから何故まとめる努力をしない?)
関連記事

| 旦那、私 | 02:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

それを言うなら、福利厚生がしっかりしていて
産休・育休が確実に取れる会社に就職していたのに
「定年までこの仕事をするなんて考えられない!」と
あっさり5年で退職した私の方がお馬鹿ですw
っていうか、若い頃って進路を選ぶ時も就職活動する時も
その先にある結婚以降の暮らしがまだ想像できないから、
あまり深く考えずに決めてしまいますよね。
(いや、考えているんだけど現実的じゃないというか。)

ちなみに私は両親が共働きで、学校から帰ると
ごくまれに母親が家にいる日がものすごく嬉しくて
(今思えば有休だったのかも)、小学生の頃から
将来の夢に『専業主婦』と書くような子供でしたw
でも働く母親の背中を見て育つ事は悪くないですよ、絶対。
「外で働くのが好き」と還暦を迎えてもフルタイムで働いている母を
(雇ってもらえる母を)今はとても誇りに思っています。

そう、働いて疲れている姿ではなくて
生き生きと働いている姿を見せないと意味が無いんですよね。
そう考えるとハードル高いなぁ、フルタイムの共働き。
職場環境や仕事に恵まれるか、そこが重要ですよね。
自分の運が試される~(>_<)

| AKI | 2013/04/07 20:05 | URL |

働き損になりそうな働き方で1年が過ぎたムジャキング母です。

昨年度は毎朝9:00前に出勤、17:30までなぜか職場にいたんだけど、給料はフルタイムのきっちり半分、、、。

もっと家で母さんとのんびり過ごしたいというムジャキングの切なる願いは、「こんな暗くなってから迎えに来ても、もう遊べないよ!」というお言葉となって毎日のように母さんに浴びせられつづけました。

新しい職場では、とにかくあたしは短時間勤務の身分なんだから基本14:30には帰るよ。という姿勢を貫き通したい今日この頃です。

お金は大事。
大学全入時代がやってきて、ムジャキングが二十歳になるころには大学院全入時代なるかもしれないなんてオットと話したりしてます。
どんな娘に成長するか今はまだわからないけれど、もしも海外で勉強したいなんて夢をもつようになったらお金のことであきらめさせたくないと、娘を思いながら今日も母さんパートタイマーで働いてきました。

| まりんこ | 2013/04/09 19:39 | URL | ≫ EDIT

>AKIさま

お、お久しぶりです(おどおど)。
なんとコメントの返信を一ヶ月以上も放置すると言う暴挙に出てしまいました。
本当にごめんなさい。
滝業でもして反省の意を示します。(本当にしろよ!というレベル。)

AKIさんは、
> 福利厚生がしっかりしていて
> 産休・育休が確実に取れる会社
に就職されていたんですね~。
素晴らしいです!
そういう会社に就職できること自体が。

ご両親が共働きで、寂しい思いもされていたということですよね。
今はお母様のことを誇りに思われていたとしても、寂しい思いをしていたことも事実なわけで・・・うーん、難しい。
しかも生き生き働こうとなると更に難易度アップw

ちなみに、今のところ仕事も楽しいし、保育園の呼び出しで急な早退をすることにもとても寛容な周囲の人々で、恵まれてる方だと思います。
それでも疲れるもんは疲れるので、時間の使い方を試行錯誤中の日々です。(だからってコメント返信が遅れた理由にはならない。)

| yukimi | 2013/05/11 06:13 | URL |

>まりんこさま

お久しぶりです(滝汗)
返信が遅くなって、本当に本当にほんとうに申し訳ありません。

> 働き損になりそうな働き方で1年が過ぎたムジャキング母です。

働き損って私の言い方、悪かったですよね。お気を悪くさせてしまっていたらごめんなさい。
単純に賃金<保育料でお金的にむしろマイナス、っていうだけの意味でも、この言い方は良くなかったかなと。

でもまりんこさんのように一生懸命フルタイムの時間拘束されてお仕事されて、給料は半分だとせつないですよね・・・。
新しい職場では、14時半に帰れていますか?

私は8時過ぎに家を出て17時半まで仕事しているけど、独身時代やDINKS時代よりさらに少ない給料で働いています。もともと多くなかったのにw
私にもっと力があれば、効率よく稼げて子どもたちの寂しい思いを軽減させつつ将来の為に蓄えられるんだけどな~と若干思わなくもないですが、今できることをやってくしかないですもんね。

いつかお時間のある時にまた遊びましょう^^
色々お話聞かせてください。

| yukimi | 2013/05/11 06:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://weddinglife.blog13.fc2.com/tb.php/1512-4abbec56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。