2013年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私がフルタイム就労を選択した理由~4.家事育児協力を得るため

 タイトルの通りです。
 いたってシンプルです。

 私の夫は、ほとんど家事をしません。
 自分でも認めてるんだから言ってもいいでしょう。

 育児はもちろんするけど、イクメンからしたら・・・のレベルだと思います。
 辛辣ですか?
 でも事実です。
 逆に、私の母親としての能力がとうかと言われるとこれまた・・・のレベルだと思うのでおあいこです。
 あっ。それじゃ子どもがかわいそうじゃないか。どうしよう。(今さらか。)

 とか書きかけて土曜日出勤し帰宅したら、母の日前日だからかシチューとケーキとともに出迎えられ、心が痛いです。
 (なら削除しろ。)

 と書きかけてから更に2週間以上が経過した今、むーむーお熱の為欠勤してこれを書いています。
 夫出張中の為私しか休めず、病院にも連れて行きたかったこともありシッターさんの利用を諦めました。

 ・・・近隣に代わりにお迎えに行ってくれたり病時に面倒を見てくれる人がいる方、ほんとーに羨ましい。
 GWに帰省した時に、時短で働いててなおかつ自分の親と同居している子二人と会って、自分の状況に愕然としました。わかってたけど(笑)

 おっと。ただの愚痴になってきたぞ。

 話を戻して、
 夫の家事育児、あまり時間を割けないのは忙しいから。
 でも、共働きとなったら協力してもらえないと困ります。

 ゆきミニ1歳の時扶養範囲内のパートをしていた時。
 週4日、一日6時間の労働。
 家事育児協力、まったく増えませんでした。
 拘束時間が明らかに違いすぎるから、結局私がやることになる。
 
 私のほうが早く出勤するフルタイムなら、私も頼みやすいしやらざるを得なくなるわけで。
 人間、やらねばならぬと思えば意外とできるもんです。
 そう、今の私みたいに。(臆面もなく良く言えるな。)

 結果、どうなったか。

 朝の保育園の送りは夫の仕事になりました。
 月一の土曜出勤日の家事育児は夫の仕事になりました。
 それ以外の、掃除洗濯炊事その他諸々雑事はすべて私がやっています。

 ・・・あんまり分担されてなくね?
 と世間の人は思うかもしれませんが、私にとっては大きな一歩。
 特に育児的には、夫と子どもだけで過ごす時間がほぼ0だった以前からしたら素晴らしい変化だと思います。

 
 
 長くなりすぎてわけがわからなくなりましたが、私がフルタイムで働きだした理由は以上です。
 働いてみると、これがまー大変の一言に尽きます。
 一日は24時間じゃ全然足りないし、皆勤で行けたのは4ヶ月中1ヶ月しかないし。
 でも、充実はしてます。
 ふとした時に、『朝好きなだけ寝て、何もしなくて良くて、自分の好きなように時間を使える日が一日でいいから欲しい。』と思ってしまうのは、まあないものねだりということで。

 それではまた、近いうちに~。
スポンサーサイト

| 旦那、私 | 15:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私がフルタイム就労を選択した理由~3.人生設計と自分の能力との兼ね合い編

 あれ?このブログまだ更新する気あったの?
 と思った方。正論過ぎて胸が痛いです。(自分で言ったんだろ。)

 数ヶ月にわたる話がまだ終わってないのでさっさと終わらせに来ました。


 私がフルタイムで働くことを選んだ理由。
 人生設計と自分の能力との兼ね合い 編。

 まず、題名が長いわ。

 そして、同じネタでだらだら書いているうちにゆきミニが4歳になっちゃった上にGWも終っちゃったじゃないか。
 早く通常営業に戻ります(という意欲だけはあります)。

 えーっと、人生設計(以下略)。
 どういうことかと言いますと、子どもの小さいこの数年間だけを見るんじゃなくて自分の人生トータルで考えれば、おのずと今すべきことが見えてくるのではないかと。
 そういう話です。
 当たり前の話です。
 当たり前のはずが、これを最初にやらずお金やらなにやらの条件から入っちゃったのが、働き方がなかなか定まらなかった原因ではないかとすら今は思います。

 まず、私は将来どうしたいのか。
  
 私は働くこと、好きです。だから将来はフルタイムで働きたい。
(と言っても、ある程度自分の能力に見合っていて多少頑張れば評価される仕事なら、と言う甘甘な前提で。←舐めてるんでしょうか。世の中を。)
 
 いずれ働きたい。フルで。
 それはいつか?
 いつやるの?今でしょ!
 
 ハイ、話終了~。
 セリフを言いたかっただけだろうw
 じゃなくて。今やろうとした理由を話してるんでしょうが。


 働きたいとなると、産休を取ってるわけじゃない限りいつかは就職活動をしなければなりません。
 企業に属さず働くと言う選択肢は、私の能力と性格的に難しそうだから。
 フルタイムでいずれ働きたいけど、今パートで時間を抑えてとなると、当然就職活動が最低2回必要になる。
 時短パート→フルタイムと同一の会社でいけたらいいけど、そうそううまくいくものでもないだろうし。

 私は遠大な計画とか回り道とかが苦手です。

 う、2回も就職活動したくない・・・1回で済ませたいな~。
  ↓
 じゃあ即フルで行こう!

 短絡的すぎる(汗)
 実際は、そこに私の能力も絡んできます。
 
 私がもし、資格職だったり特別なスキルがあったりすれば、何回もの就職活動何のその、と思えたかもしれません。
 でも、子育て落ち着いたらフルにしよう・・・それっていつ?5年後?
 5年後私40歳。
 その時、就職活動で戦う自信がない。
 その間に何か身につけておけばいいかもしれないけど、育児と仕事でいっぱいいっぱいになりそうな上に資格とか、これまた自信がない。

 しかも、小学校に上がると逆にフルタイムで働いていたのを諦める人がいるとも聞くから、もっと上になってから就職活動することになるかもしれない。
 さらに自信ない~。

 さらに、社会保険への適用条件が2016年10月から変更される予定で、「週の所定労働時間が20時間以上」「賃金が月額8万8千円以上(年収105万6千円)」が加入条件に加わる とも聞く。
 今まで130万に抑えてた人が、ならもっと働こうかとフルタイムの就職口の競争率が増すかもしれない。
 あ~さらに自信ない~。
 
 ・・・なんとも消極的な理由。
 私の能力と自信がないから今すぐフルタイムで働くことを選びました! なんて。

 カッコ悪いけど事実です。
 
 問題は、その私の至らなさのツケを子どもが払うことになっちゃいけないってこと。
 だから、家に帰ってから子どもが寝るまでの時間は家事を最低限にして子どもと時間を過ごせるように段取りしとくとか、疲れてても極力それを見せないように努力するとか(思いっきり見えてると思うけど)、そういうことにも注力していかないといけないわけです。

 さあ、あと一つは数行で終わります。
 待て以下次号。
 (誰も待ってないと思うからさっさと終わらせちゃおうよ、自分。)

| 旦那、私 | 06:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。