2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

私がフルタイム就労を選択した理由~1お金編

 フルタイムで働くことを選択した理由。

 その1、お金。

 いきなり金勘定ばかりしている嫌なおばさんみたいになっちゃってスミマセン。
 あ。『みたい』じゃなくてそのものなのかw
 しかし人生は奇麗事ばかりではやっていられないのだ。
 よーく考えよ~お金は大事だよ~♪ っていつのCMだっけ。(知らんし。)


 お金。
 まあ、敢えて解説するまでもないですよね。
 そりゃ働けば働くほど収入は増える。
 でも、考えどころはいろいろあります。
 
 配偶者控除、夫の会社から出てる妻の扶養手当、自分自身の社会保険料 などなど。

 まず前提条件。
 ★夫の会社からの妻の扶養手当は妻の年収130万を超えるとなくなる。(もちろん会社によります。)
  仮に年間20万出るとして計算。
 ★姉は私が働く働かないにかかわらず幼稚園なり保育園に行くと考え、弟の保育料のみ【私が働くことにより発生する費用】として考える。
  認可保育園・・・年間25万 として計算。←兄弟の補助で通常より減額されてます
 ★夫の所得税率は20%として計算。
  
 さて、私の年収別にざっくり行ってみましょ~。
 (今回は【お金】のみに焦点を当ててるので、まさに金勘定ばかりしています。興味のない方スルーで。)


 【103万以下】
 ・夫が所得税において配偶者控除(38万)を受けられる
  住民税は配偶者控除(33万)か配偶者特別控除を受けられる
 ・妻の扶養手当そのまま
 ・健康保険と年金、夫の扶養のまま
 ・自分自身の所得税、100万以下なら住民税も0

 →私の収入‐保育料=世帯年収増加分
  
 103万-認可保育園代25万=78万

 と言いたいところですが、103万以下の働き方で認可保育園に入れようと思うと私が住んでる自治体の基準では難しい。
 1日6時間以上を月16日以上(つまり月96時間以上)働いていることが条件。
 ということは、時給894円以下で働かないといけないことになります。
 今後の就業先も考えて一応経理事務職で・・・となると、その時給で職を探すのがまず厳しい。
 無認可保育園にすると、短時間勤務なら年間48万くらい。

 世帯年収増加分は 103万-48万=55万

 結構持ってかれるw
 私の性格的に、拘束時間が長く労力は明らかに増すわりに実入りが少ないのは耐えられないので、却下。

 
 【103万超~130万未満】
 ・夫が所得税と住民税において配偶者特別控除(所得税:38万以下、住民税:33万以下)を受けられる
 ・妻の扶養手当そのまま
 ・健康保険と年金、夫の扶養のまま
 ・自分自身に所得税と住民税がかかる

 →私の収入を130万未満だとして、世帯年収増加分は

  129万-保育料25万‐夫の所得税住民税増加分ざっくり6万‐所得税他4万=94万
  ※所得税その他適当です。すいません。

 んー。
 まあ、ありかなぁ。
 もっと欲しいけど。←贅沢

 しかしですね、ここでもまた、130万未満に抑えて“1ヶ月に、1日6時間以上を16日以上”を満たそうとすると、時給1128円以下。
 一応関東地方だからか、派遣で1200円以上の時給っていうのは普通にある。
 そもそも2年前130万未満ギリギリで働いて思ったんだけど、『このままだと130万超えちゃうんで(正確には月108,333円に抑えないといけない)、今月もう入れません!』って結構ストレス。
 ただでさえいつ病気になるかわからない子どもたちを抱えた身分で、言い出しにくいもんです。
 “扶養範囲内”を初めから謳っている就職先ならいいだろうけど、私が探している時はそういう案件がほとんどなかった。

 となると、解は最後の一つ・・・?
 
 【130万以上】
 ・141万未満なら夫が所得税と住民税において配偶者特別控除を受けられるが、それ以上だと控除がなくなる
 ・妻の扶養手当なくなる
 ・健康保険と年金、夫の扶養から外れる
 ・自分自身に所得税と住民税がかかる

 かりに150万稼ぐとして・・・

 150万‐保育料25万-夫の所得税住民税増加分約11万‐扶養手当なくなる20万‐自分の所得税社会保険料その他26万=68万

 ひょえ~です。
 なんと!収入が130万ぎりぎりの時より20万多く稼いでも、実入りが26万も減る。
 ・・・計算あってるんだろうか。(根本的な疑問。)
 心配なレベルですが、150万位だと世帯年収の増加があまりない、むしろマイナスの場合ありってのは世間的にも言われていることではあります。

 仮に合ってたとして(“仮”でいいのか)、やってられるかいっ!
 社会保険のうち年金は将来もらえる(可能性がある)ことを考えると完全に捨て金じゃない(かもしれない)けど、それにしてもこの選択肢はないでしょ。
 
 つまり、私の場合180万できれば200万は軽く超えてこないと、働き損感満々で働く羽目になる、ということです。
 
 
 と、ここまで考えて私の中で【200万以上】、補欠で【ギリギリ130万未満】に絞られました。
 
 続きはWebで じゃなくて待て以下次号。(そもそもWebじゃないか。)
スポンサーサイト

| 旦那、私 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私がフルタイム就労を選択した理由~序

 ビナウォークで芋洗坂係長が無料ライブをやっている最中、
 ステージ背後の水遊び場的な小さい池に、
 むーむーが乗ったベビーカーが風であおられて吹っ飛び、ひっくり返って突っ込みました。

 絵的にシュール~。

 ケガはなくとも驚きからむーむー号泣。
 祝日だと言うのに旦那出張のため、一人で子どもを連れていた私も泣きたかったw
 ベビーカーを引っ張り上げるの手伝ってくれた皆さんありがとう。

 12キロの子どもが乗っててもベビーカーって風で吹っ飛ぶらしいです。
 ゆきミニの足を拭いていて目を離していた私が悪いんですけどね。
 それまではそこまでの突風ふいていなかったから油断してました。
 皆さんも気をつけてください。(あるか?そんな状況。)


 さて。
 引っ張るほどのことではないのにずっと書けないでいた、

 『私がフルタイムで働くことを選んだ理由』。
 
 ようやく書くことができそうです。


 世の中のお母さん。
 働き方、悩まれる人多いと思います。

 産休を取れて復帰される人も。
 出産を機に退職して再就職する人も。

 子どもの預け先。
 病気の時どうするか。

 と言う物理的にクリアしなければならない問題から、

 子どもの健やかな成長を第一に考えた上での育児と仕事のベストなバランスは?

 など、考えることはいっぱい。その上、聞こえてくる 

 『こんなに小さいのに可哀そう。』の声。
 
 ・・・悩むよね~。そりゃ、悩む。
 でも、生活の為に働かなきゃやっていけないなら四の五の言わずにやらなきゃなんないし、物理的に不可能なら働くと言う選択肢自体持てないわけだし、世の中のお父さんなんて選択肢すら持たされず働いているわけだし、悩むのは選択肢があるからなわけで。
 とか言いつつ悩めるだけありがたいことだ!とは思えないまま悶々とすること3ヶ月。

 フルタイム。
 いややっぱ無理。ゆきミニ1歳の時扶養範囲内130万ギリギリで働いていっぱいいっぱいだったでしょ。
 じゃ今回もそれで。
 やー、それだと時間拘束長いわりにい収入が見合わないからいっそ時間少ないこと重視で。
 いやいや冷静になれ、それじゃ保育料ですべて吹っ飛んでただの働き損だし。

 そこにゆきミニの【保育園か幼稚園か】問題まで加わりわけがわからなくなる自分。

 ぐらぐら定まらないまま就職活動して、結局出した答えが『フルタイム』。
 就職活動始める前に意思を定めておけばもっと苦労せず済んだ気がするけど、結論を出すために必要な過程だったんだろうと思う。

 前置き長くなりましたが。(まったくだ。)

 フルタイムを選んだ理由は四つです。

1.お金
2.教育
3.人生設計と自分の能力との兼ね合い
4.家事育児協力を得るため

 シンプル~。
 と言うかあえて言うまでもない気もする~。

 でも言います(笑)
 長くなりそうなので数回に分けて。
 あ。『そう言ってまた放置か・・・。』って思ったでしょ。(正解!じゃなくて、正論。)

 大丈夫!
 残りも書いてあります。
 途中までだけど。←不安~
 
 随時アップしていきますので、興味のある方どうぞ。
 興味のない方ごめんなさい。
 そのうち通常営業(と言うほど営業してない)、ちゃんとしますんで。

 ではでは順に行ってみましょ~。

| 旦那、私 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。