2008年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いらないところで。

 今旦那がはまっているのは某狩りゲーム。
 家に帰ってからも狩り狩り狩り狩り狩りばっかり。

 今日も今日とて狩りに勤しむ旦那。
 うたた寝しながら気持ちだけで応援する私。

 一つのクエストをこなすのに50分かかるばかりでなく、いつになったら終わるのかすらよく分からないゲームなんですが、今日はちょっとした大物と戦っている様子。

 しかし、今まで何度か挑戦しては失敗しているだけあってなかなか倒せない。
 迫り来る制限時間、何百発とあったはずの弾の数ものこりわずか。
 これが最後の一発…外したら攻撃手段はない…今回もダメか…! と思ったその時!!

 断末魔の叫びを上げ、倒れ行く大物。

 な、なんと、今までさんざん苦労してきた(らしい)大物を、最後の一発の攻撃で沈めると言う劇的な幕引き。何百発も打ったうち、どれか一つでも外れていたら倒せなかったわけです。
 しかも、『あと数発残りました』とかじゃなくて残弾ゼロですからね。ある意味奇跡。なんだかすごい運を使ってしまった気が…。

 達成感に浸る旦那が一言。

『すまん、グリーンジャンボは諦めてくれ。』

 いやーっ! 使った運返してー!

 しかもそんなしょうもないところで使うなんて悔やんでも悔やみきれん。
 くっ…でもまだ諦めないぞ…発表を見るまでは…。

 …なんにせよ、我が家は平和です…。
スポンサーサイト

| ふつうの日記 | 20:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

振り返ってみる。

 このブログ、読んでくれている人は3人くらいかと思っていたのですが、少なくとも5人はいることが分かった上に、『おもしろいね。』と褒めていただいたので、また昔みたいにがんばって書くか という気になってきました(単純)。

 え?褒めてくれたのは社交辞令だろ?って?

 社交辞令ってなに? 褒め言葉は額面通り割り引かずに受取りますが?
 なにせ褒められ慣れていないものですから、調子に乗っちゃいますよ。(多分それが分かっているから旦那は料理以外をあまり褒めない。と言うより、褒められるようなことをしていない気もしてきた。)

 まあ、その褒め言葉が真心かやさしさかと言うのはどちらでもありがたいからこの際置いておくことにして…。
 
 この日記自体、ブログに移行する前から合わせるともうじき丸三年になります。
 昔はがんばって毎日書いてたような。何を書いていたのかまったく記憶がない(たいしたことを書いていないことだけは確か)。

 初心を新たにするためにも、全部読み返してみました(暇人か)。

 ……【数時間経過】……
   ※数時間も!?と言うより3年分を数時間という時点で内容の薄さが伺えます。

 ふ~ん、なかなかおもしろいじゃないの。 (…石を投げないで!)

 いやいや、“笑える”じゃなくて“(私にとって)興味深い”の方です。
 何が興味深いって、

・昔の自分には『何もない日にも書く!』と言う、今は亡き根性があったこと。
・3年前の分を読んでも、『これは昨日の日記か?』と錯覚する程に進歩のない自分。
・文体の変化。初期はもっとやわらかかったのに後期はトゲがそこここに散りばめられている。
・『○○始めました』とか『今年の目標は★★にします』と言うのが何一つ継続していない
 (例:ビリー、ダイエット、手帳 etc …書ききれず)

 なんだかダメ人間の香りがぷんぷんと…。
 特に最後のひとつはなんですか。『ブログにさらせば楽なほうに流れがちな私の抑止力になるかも!』と思って書いたんだろうとは容易に想像できます。
 しかし、書いたそばから忘れ、読み返さない時点で何の抑止力にもならないことも容易に想像できたはず。“有言不実行のダメな子”の評価に貢献しているだけじゃないか。書かなきゃ良かった(と言うより、達成しなかったことの方を反省すべきでは…)。

 それもこれも振り返らないのが悪い。若さゆえ?
 そう、かの(?)宇宙刑事●ャバンもこう言っている。 
 
 若さ 若さってなんだ? 振り向かないことさ~  ←古い…若い人わからないんじゃ…

 それにならい、若さを失いつつあるこれからはちゃんと振り向いて反省することにします…。

 追伸:
 いないと思いますがブログになる前の日記を読みたいと言う酔狂な人はここからどうぞ。
 勉強になることは何ひとつないと断言しておきます。

| ふつうの日記 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

相変わらず。

 下北沢にて、愉快な仲間たちとの飲み会に参加しました。

 団欒のさなか、繰り広げられる舌戦。
 自爆・巻き添え、救助と思いきや罠、誘爆、誤爆、また自爆 ……と、猛者たちが(勝手に)傷つき倒れていく様はいつもながら見ごたえがあります。
 しかし、自分たちでも言っていたとおり誤爆が増えたような…。
 『こんなにミスるなんて、俺たちも年取ったなあ。』としみじみしていましたが、まだ十分若いと思います。踏まなくて良い地雷を敢えて自ら設置してその上を歩くという不毛なことをしている内は。

 それにしても、あまり下ネタを言わないで欲しいです。
 だって、私が笑いをこらえるのが大変だから。
 やっぱり妙齢(?)の女性が下ネタに真っ先に反応して笑ったら色々よくないでしょう。

 あっ…!別に下ネタ好きってわけじゃないですよ!?
 身近に不慮の事故で“下ネタ好き”の称号を得てしまった人がいますが、私は違います。(ついでに言うと、その人も別に好きと言うわけじゃなく紳士淑女のたしなみとして心構えを身に付けている程度だと思います。)

 下ネタ言う⇒しーんとなる⇒『あ。俺、やっちゃった?』『…骨は自分で拾え。フォローはせん。巻き添えはごめんだ。』と言うような雰囲気が漂う 

 と言う様子がおかしいだけで、決して下ネタに反応しているわけではー!
 まあ、一生懸命説明すると余計怪しいのでこの辺にしておきます。

 えーっと、何でこんな話になったんだ。
 そもそもなんで集まったかと言うと、昨日披露宴をした子はまたノルウェーに帰ってしまうわけで、しばらく会えないのでという趣旨だったかと思うのですが、それだけではなくサプライズがありました。

 集合場所に見知らぬかわいらしい女性。
 連れてきた人は極度の照れ屋さんなのかなかなか紹介してくれませんでしたが、まあつまりそういうことのようです。
 そんなめでたいこと、照れてないで下北沢中に聞こえるほどの大きい声で言ってくれればいいのに。
 穏やかに微笑む様子が大人っぽくてきれいな人でしたが、無法地帯と化す飲み会の様子を見てか徐々に若干伏目がちになり、最終的には多少愁いを帯びていたのが気になります。ま、そんなことは余計な心配ですよね。ぜひ、またお会いしたいです。なにぶん私も照れ屋さんなもので、隣に座っていたくせに全然おしゃべりできなかったから。

 他に参加していた彼氏彼女もじきに結婚しそうだし、めでたいことばかりですね。
 その二人がまたらぶらぶな様子でして、羨ましい限りです。それに彼女がかわいいし明るいし…。このしあわせものっ。

 あ。さっきから女性ばっかり褒めてますね。もちろん男性陣もいいと思います(適当)。

 昨日の幸せいっぱい新婦さん・カップルに当てられた上にワカサギじゃんけんに負けてワカサギのから揚げを食べ損なった日にゃ私もやさぐれるってもんです。(その後ワカサギのから揚げをくれた新婦さんありがとう。私に勝った人ももうもともと恨んでません)
 既婚者な上に夫婦で参加していたじゃないかって? そうなんですけどね、漂う甘い雰囲気とかフレッシュさとか、なにからなにまで違うわけですよ。旦那が悪い、とかそういう問題では全くなくて…完全に既婚者ゆえの空気になっていくのは致し方のないことで。
 そもそも、『じゃ、お前も付き合いたてのカップルのように初々しくしろよ。』と言われてもキッパリ無理。ないものねだりってやつですね。
 
 そんな私より、もっとやさぐれるべき人が一人。
 飲み会の構成は 新婚ほやほやの新婦さん、夫婦等3組、独身男性 の計八人。気づけば独り者はひとり。

 帰りその男性と途中の駅まで一緒だったのですが、飲みすぎて身体が冷えたらしく、『寒い寒い』と連呼。
 そこに旦那が優しくかけた言葉。

 『Bさん、それは身体の寒さじゃなくて心の寒さですよ…。』

 こらこら。本人が傷とも思っていなかったところに塩を塗りこんでどうする。

 『ほんとだー。そんな気がしてきたー。』

 いやいや。単に飲みすぎですから。
 それに、春はきっともうすぐそこ、ですよ。

| おでかけB | 23:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

幸せのおすそ分け。

 今日は、旦那の元同期である友だちの披露宴。
 会場は、みなとみらいのが一望できるおしゃれな場所。
 
 かっこいいノルウェー人の旦那様と、かわいいお嫁さん。
 素敵な披露宴になるに違いない!お祝いの心を最大限に表すべく、変な格好はしていけないわ!と気合を入れすぎて服を新調したばかりか『首につけるちょうどいいものが売ってなかったから』と自分でチョーカーまで作り、挙句の果てに美容院まで行った(しかし当日強風でセットした意味は全くなくなった)大バカ者は私です。
 なにせ〝披露宴〟って言う形式の物自体久しぶりだったものですからつい…。
 それに、その子はもう結婚してノルウェーでの生活を始められているので、会うのも久しぶり。気合の入れ方の加減も分からなくなるというものです(そうかなあ…)。

 いやいや、私のことはどうでもいい。
 主役はお二人。存分に祝い、堪能(?)せねば!
 
 長身でハンサムな為新郎姿が凛々しくて素敵なのはもちろんのこと、新婦さんの華やかな和装にバラを挿した髪…と言うのがとっても似合っていて綺麗でした!
 
 そして何より、二人の笑顔が…笑顔がー!
 うん、まぶしかった。まぶしすぎるぐらいだった。結婚4年目に突入して、周りの誰からも『新婚さん』とは言われなくなった(当たり前だ)私の目には。

 いや~、いいものですね。あんな素敵な笑顔を見られて、幸せのおすそ分けって感じですね。乾いた私の心も癒されます(あ、別に生活に不満はありません。旦那の帰りが遅い以外は)。
 お二人のスライド、それぞれの母国語でのスピーチ、ウェルカムボード、鏡割り、それぞれの名前が入った枡でのお酒のサービス…などなど、お二人が皆さんのことを考えられて準備してきたことが伝わってきて、とても素敵な披露宴でした。
 最後には参加者一人一人の写真とコメントが入ったスライドまで流れてびっくり。
 あれ、いいなあ。私がまだ結婚してなかったら絶対アイデア拝借してたな。

 あ、あと料理も美味しかったです。
 新婦さんは私がそのレストランで外食をしたことがあるのを何故か知っていて、『料理がかぶったらごめんね』なんて言ってくれていたのだけど、そんなこと全然問題になりませんでした。と言うか、新婦さんのマメさに脱帽です。だって、他人がどこで外食したかなんて私絶対覚えてないもん。
 そればかりか、数日前の私の誕生日にメールまでくれたと言う…私は直接教えたことない上にまだブログアップしてなかったのにもかかわらず。さすが同期みんなのお母さん。

 しあわせな二人を囲んで一枚。

 080223披露宴


 それにしても、同じテーブルだったのが旦那の同期関係の一団だったのですが、予想していたこととは言え賑やかなこと…。
 司会者の方に『大変元気のいいテーブルの…』『賑やかな皆さんが…』とやんわりたしなめられているとも取れる言い方を何度もされていたような気がします。
 みんな、幸せな席が嬉しかったんでしょうねえ…。でも私から見るといつもより随分品がよかったあたり、分別はあるようです(大の大人に対して…失礼)。

 なにはともあれ、本当におめでとうございます!
 お二人がすえながく幸せでありますように。(そんな当然のこと、祈るだけ野暮だったかな…?)

| おでかけB | 23:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

余計な一言。

 朝、出勤準備をしながら見ためざましTVの占いにて…

『今日の最下位は…ごめんなさい、みずがめ座のあなた!
余計な発言をしてひんしゅくを買いそう。人にお節介を焼かないこと。』

 私 : 『えー!?最下位ー?やだな…。え?人にお節介を焼くな?それなら大丈夫だわ。』
 旦那: 『なに、えらい自信じゃん。』
 私 : 『だって、私お節介焼くほど会社の人に興味ないもん。』
 旦那: 『…ひど…。』


 …ドン引きされましたが、何か?
 思いっきり余計な発言でひんしゅくを買った気が…。
 開始早々占い的中?
 でも、会社ではその後取り立てて何も起こりませんでした。
 はっ!? 唯一の失言が占いを見ていなければ防げたものだったような…はめられた~!(誰に?)

  あっ、誤解の無いように言っておきますが、会社にいる全員に興味がないわけじゃないですよ!? 片手ほどもいないってだけで…(この際問題なのは人数じゃなくて、『興味ない』って言い切ってしまう冷たさでは…)。

| ふつうの日記 | 20:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さよなら20代。

 ついに私も三十路に突入しました。
 …うーん、100まで生きるつもりだからまだ3分の1もいってないわけだけど、なんだか感慨はありますねー。
 でももしかしたら私より旦那の方が感慨あったりして。自分はまだ20代なのにミソジ妻。
 仕方ないんだよ…年上を選んだ以上はね…。ふふっ。

 その旦那ですが、見事に私の誕生日を忘れ去っていたのは去年の話、今年はなななんと、覚えていたのみならず  事前にケーキを注文してくれていました!! (強調しすぎか)

 本当は知らせずにいて驚かせようと思ったようですが、家に一つしかないメアドあてに『注文承りました』みたいな題名のメールが来ていたのでばれたと思ったらしく、『サプライズにならなかった~』とぼやきつつ事前に教えてくれました。
 何も注文した覚えがなかったので私はメールの中身を見ていなかったんですけどねー。
 どちらにせよ、覚えていてくれたこと自体がサプライズです。(失礼だろう)

 さて、そのケーキのすばらしいお姿をば…。

 ティラミスケーキ1

 
 じゃーん! なんとホール。
 ティラミスケーキ、だそうです。〝ぷっすま〟にも登場したことがあるそうですよ。
 毎週見てるのに知らなかった。

 冷凍で届いたので、解凍すること6時間。待ちきれず震える手で切り分け、いただきます!

 ティラミスケーキ2

 うーん、おいしい!!
 甘すぎず、上品な味。タルト生地もしっかりしていて私好み。
 数日間はケーキカーニバルだねっ♪ 数日間…と思いきや、私の取り分であるホールの4分の3食べ切るのに3日しかかかりませんでした。

 いやー、三十路になろうが誕生日っていいものですねえ。

 さて、ケーキに浮かれてばかりいないで簡単に抱負でも。
 更に大人の階段を登ったわけだから、年代に恥じない人間になっていきたいものです。
 今年こそは何か一つ、後から振り返って『人生の節目であった(いい意味で)』と言えるようなことを成したいなあ。それが何かは…これから考えます…(考えている間に一年終わりそう)。

| ふつうの日記 | 21:12 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メールの進歩。

 弟が今海外の某南の島にいます。
 ホームステイして語学の学校に通い中。

 週に一度、必ずメールをくれるのですが、とても充実している様子。
 早めの就寝、何でも食べる食生活、勉強、遊び、新しい友だち…などなど。
 姉としては、元気でやっていると言うだけでも一安心なのに、その上楽しんでいることが伝わってきて、とても嬉しい。

 その弟から来たメールを、お母さんに転送するのが私の役目。
 弟とお母さんで直接やり取りしようとすると、何故かお互いメールの送受信ができないらしい。
 〝弟から私にメール⇒私からお母さんに転送⇒お母さんから弟宛のメールを私に送信⇒私が弟にお母さんのメールを転送〟 と言う流れを何度もやっているうちに、お母さんのメールが急速にパワーアップしてきました。

 返信:ひらがなのみ ⇒ 返信:漢字・カタカナ入り ⇒ 自ら送信:写真を添付
 
 最初、携帯自体を解約しようとしていたのをなんとか思いとどまらせ、『メールなんて無理…。怖い。』と言っているのに構わず旦那と二人で『できないじゃない!やりなさい!』とまるで旦那が私にスキーを教えるかの如くの様相でやり方を教えた(嘘です。もっと優しく教えました)のが正月だったことを考えると、すごい進歩。
 私たちはメールの返信の仕方とひらがな入力しか教えてません。
 それが、自分から送ってくれるようになったばかりでなく写真まで添付できるようになるとは…。正直思っていませんでした。なにせすごい拒否反応を見せていましたから。

 人間何事も、『こうしたい』と言う強い動機があれば、苦手なことでもできるようになるものですね。お母さんも、弟にメールを送りたい一心でがんばったわけで。

 私もがんばろっと。何をかって言われると…困るけど(困ってる場合では…)。

| ふつうの日記 | 22:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イベントに向けて。

 いつもは週末ひきこもっている夫婦ですが、今日は2週間後に迫ったお祝いイベントのための服(私の分だけ)を買いに横浜まで出かけてきました。

 何着も来て、一番よく見えたものを買ったつもりなので、とても楽しい気分になったし気に入ってもいます。
 が、色・形・雰囲気、どれをとっても今まで私が選んだことのない系統のもの。
 そんなものを思い切って買ってしまうなんて、今更ながら清水の舞台から受身も取らずに飛び降りた気分です(大怪我必至か)。

 それにしても、店員さんの言葉って当てになりませんね。
 特に、いい気分にさせようと言ってくれる、体型を褒める系のやさしい嘘。
 それを聞いたときの旦那の『すいませんね、気を遣わせちゃって』的な半笑いと言ったら…。私だってそれが営業トークだってことくらいわかっとるわい。

 それに、『これならあと何年も着られますよ』と言っていたけど…ほんまかいな。何年もってことは5,6年? 後数日で30だから、35・6歳ってことか。
 私は40近くでああいう系統の服を着ている人を見たことがないが…。
 (お前が黒木瞳のように歳を取ればな)と言う文章が抜けていたに違いない。まあ、それなら嘘じゃないだろうけど…一般の人にも当てはまる忌憚のない意見を聞かせてくれればいいのに。

 ともあれ、主役の方が美しく輝いているところに、みっともない格好でお祝いでは申し訳ないですもんね。あれでよかったに違いない。色も明るくてお祝いの雰囲気にぴったり…のはず。 

 私のものだけをしこたま買った後、最寄り駅に戻って青春18切符の旅でも登場したBさんと飲みに。
 一軒目の飲み屋で、料理も酒も出てくるのが遅すぎて驚愕。料理は3品しか頼んでいないのに、なんと2時間かけてそれが出てきたと言うトロさ。
 しかも、頼んだのは〝炙り〆サバ〟(〆サバをバーナーで焼く。客のテーブルで。)、〝馬肉のユッケ〟、〝イカチヂミ〟。…どう考えてもイカチヂミ以外は一瞬ででると思うんですが…。

 次に行った店ではあまりにも迅速に料理が出てきたので、『料理の提供スピードってサービスとして重要なんだ…』としみじみ実感。
 一軒目の店には二度と行かないでしょう。

 ところで、なぜBさんと飲むことになったかというと、『3連休、誰ともしゃべらずに過ごすのはつらすぎる』だそうで。
 是非また遊びに行きましょうor家に遊びに来てください。どうせゲームしかしてませんかr。

| ふつうの日記 | 21:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

川島教授のお言葉。

 昨日、目に付いたのが『〝脳を鍛える大人のDSトレーニング〟の川島隆太教授が、ゲームの監修料12億円を受け取る権利があったのに受け取らず、研究室建設に回した』と言うニュース。
 受け取らないことに対して家族は怒っているらしいですが、教授はそんな家族に「金が欲しいなら働いて稼げ」と言っているんだそう。

 そんな大金に心動かされないなんてかっこいい。生き様を見習いたい!(ま、それ以前にそんな大金を私にくれようなんて酔狂な人は存在しないが) と思った直後に『グリーンジャンボ、2月18日から発売』と言う広告を見て、『今度こそ当たって』と心の底から願ってしまった自分に気づき、愕然としました。愕然としつつも今もまだ願ってますが。もうすぐ誕生日だし、プレゼントってことでどうでしょう、神さま?(どうもこうもない)

 それにしても、なんでお金が欲しいんですかね~、私は。え?みんなそう?
 贅沢の仕方も知らないし、特にすごい物欲があるわけでもないのに。
 楽になりたいのかな?いや、そんなに現状辛いんかと言われるとそうでもないと思うし。
 将来が不安なのかな?…まあ、年金も当てにならないしそれはあるかも。しっかりしてくれ、日本。
 考えてみてもお金が欲しいと言う欲求の根源がどれなのかはよく分かりませんが、宝くじが当たったらしたいことはあります。

★旦那に楽をさせる(そして自分も楽をする)
★実家に対する家族孝行
★関東脱出
★犬を飼える家に住む
★自己投資(エステとか英語等々の勉強とか)
★大豆気分の〝豆乳クッキーダイエット〟を買う

 …最後の一個異常にしょぼい。
 でも、9食分で5,565円もするクッキー、気軽に試せないもん…。お試しパックとか売ってくれればいいのに。
 って、何の話だっけ? そうそう、宝くじが当たったら…ね。
 当たるといいなあ、本当に。

 川島教授のお言葉、「金が欲しいなら働いて稼げ」は、私にはなかなか届かないようです…。

| ふつうの日記 | 20:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

最近のはまりもの。

 スキーから帰ってきた後、旦那が『凍傷で耳が痛い』と言ったのを『東証で耳が痛い』だと思い込み、ドッキリした自分は色々なものが末期だと思う今日この頃です。

 全て株の大暴落が悪いんだ、うわーん!戻り歩調かと思ったら今日(2/6)も思いっきり下げたし。
 ま、そんなことはどうでもよろしい。(いいんだ)
 近況報告をば。

・布団乾燥機LOVE。
 あまりに家が寒くて布団が氷のようだったので、衝動的に布団乾燥機を購入。

布団乾燥機

 NationalのFD-F06A5

 超ぬくぬく。もっと早くに買っておけばよかった。これでダニも寒さも怖くない。
 安い方にしたので衣類は乾かせないらしいけど、ブーツや小物などは乾燥させられるらしい。(説明書読んでないからよくわからないけど)

 よく考えたら、家には基本的な電化製品に加えて生活を便利にする為のプラスアルファの家電がいっぱい。食洗器、乾燥機つき洗濯機、パソコン(ただしよく壊れる)、PS2、ニンテンドーDS、PSP、Wii等もあって(後半4つは〝生活を便利〟には間違いなくしないと思う…)、さらにこの布団乾燥機が加わるわけで…。
 堕落しちゃいますかね、こんなに便利になっちゃうと。
 でもまあ、エレベーターのない5階に住んでる時点でまだ文明の利器に毒されてはいないと思う。

・タイピングゲーム『寿司打』が日課に。
 ブログも更新せず何をやっているかと思えば…。いや、暇じゃないはずなんですけどね。
 あなたの順位は何位です。とか出ると、悔しくてついつい何度もやってしまいます。

 でも、寿司打よりはまってしまったのがneutralの脱出ゲーム。
 S p h e r eRGBはクリアしたんですが、最新のVISIONがつい最近公開されたようです。やらなければ。

 …『ゲームは時間の浪費で、ゲーム内でレベルアップするより現実世界でスキルアップしましょう』みたいなことを時間投資法の本で読んだばかりなのに…。人間ってダメですね。(人間と言うより私か)

 今年こそちゃんとブログを再開しようと言う年初の目論見が一ヶ月経たずして脆くも崩れていますが、今後は頑張れるといい、なあ~と思います。(ずっと読んで下さっている方々は、もう誰も信じてくれないと思う…前科がありすぎて。)

| ふつうの日記 | 20:41 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。