2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スキー旅行・追記

 せっかくいただいた写真を使い切っていなかったので、再度追加してアップします。
 今回は人物がわかりやすいようにかつ、本人の名誉のために顔は秘させていただくということで…。
 
スキー場集合

 スキー場の集合写真もう一枚。
 はしゃぎすぎて横転する熊いっぴき。

テレビ塔集合

 札幌市街、テレビ塔前での写真。人物をクローズアップ。
 一人だけポーズが…え?そこ突っ込んじゃダメなとこ? 

ツーショット
 
 問題のツーショット。

 題名:白い恋人たち
 …北海道の雪も溶けるわ。
 右側の方のはにかんだ笑顔がかわいすぎてなんだか許せません。女として。


 本当はもっとたくさんの写真があったのですが、これで十分楽しさは伝わったかなーと言うところで追記終わり。
 掲載された写真について、不備・苦情などありましたらコメントにて承りますので、よろしく。
スポンサーサイト

| おでかけB | 23:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

弾丸北海道スキー旅行

 1/19~20、一泊二日で、北海道スキー旅行に行ってきました。
 メンバーは、旦那の同期・元同期合わせて9人。

 朝6時40分発の飛行機で北海道に飛び、各日別のスキー場で滑り、翌日21時前着の飛行機で帰る…と言う日程自体がひきこもり夫婦からは出てこない発想。出てこないだけに、一緒に行けてとってもありがたい。こういう機会がないと外出すらしないかもな…と思うといっそう貴重。
 しかも、なかなかお安かった。それもこれも、何かと尽力してくださった幹事の方のおかげ。ありがたいことです。
 
 朝4時起床、旦那の運転で羽田空港へ。
 いきなりカメラを忘れたことに気づく。
 と言うわけで、この日記の写真はすべてKさんの手によるものです。使用してもいいとのこと、ありがとうございます。

 さて、旅行の話。
 誰が何をやらかした、誰がどんな暴言をはいた…と克明に記していきましょうかね。と思ったんですが、やめておきます。面倒なので。 名誉と言うものがありますしね。
 文章ばっかりは読む方も疲れるだろうから、以後は写真メインで。

 新千歳空港からキロロへ向かうところ。

 気温

 雪景色。多分見えないと思いますが、白い恋人の温度計は-7.2度。さすが北海道。

 スキー場到着。(はしょりすぎ)

スキー場

 天気はこんなかんじ。晴れているように見えますが、基本曇っていて相当寒かった。
 手袋をしていても手がかじかんで変な色に。耳が凍傷になりかける人も。さすが北海道。
 そんなに寒いのに、旦那は『暑い暑い』と言う。身体から湯気を出しながら。どうしてそんなことになるのか、意味が分からない。 

 集合写真。

集合写真1

 なんてさわやかなんでしょう。平均年齢約30歳とは思えない。
 みんなのステキな笑顔を隠さなければならないのが惜しい。

 スキー後、札幌市街の宿泊先へ移動。
 美味しい居酒屋で飲み会。
 朝が早かったからか、スキーで疲れたからか、北海道のせいなのか、酔っ払い続出。
 結婚してノルウェーに行った、みんなのお母さん役から電話が。息子たち一人一人とお話しする。さすがお母さん。
 私もお話しする。『ちょっと前のブログ読んだよ。会社の式典のまんじゅう…』と言われ、一瞬まんじゅうの悪夢がよみがえる。

 居酒屋を出て、雪祭りの準備会場付近にて再び集合写真。

集合写真2


 …平均30歳のいい大人たちが…いや、なんでもない…。
 みんな揃って変なポージング。とひかれるといけないので説明しておきますが、これはテレビ塔を模しているだけです(だけって…)。テレビ塔切れちゃって半分しか写ってないけど。
 この人たち、いつまでこのテンションでいくんだろう。ずーっとこんなんだったら楽しいかも なんて思ってみたり。

 ちゃんと時計台も見学。

時計台

 案内してくれた方が北海道出身で頼もしい。ぬかりなし。

 23時前にホテルに戻り、明日も早いんだから寝ればよかったのにそこから毎回恒例人生ゲーム。しかもケーキやおやつを食べながら。私のモンブラン…。
 
 人生ゲーム


 わざわざアマゾンで頼んで、ホテルに送ってもらったそうですよ。
 ブラックアンドビター。人生は甘いものじゃない!とか書いてある。不穏な空気…。

 今回は、公正なるチーム分けにより、旦那とペアに。
 ちなみに、旦那のペアは今までことごとく最下位。
 
 結果は…くっ、聞かないで下さい。
 サラリーマンになったものの時代の波に乗り遅れ、それでもなんとか部長まで出世するもなかず飛ばず。さまざまな不幸が襲い掛かり……うわーん。
 人生はもっと甘いものだと思う。

 さて、翌日はルスツで滑り、存分にスキー。
 そういえばスキーについて『寒かった』こと以外一切書いていませんでしたが、雪がとってもさらさらで気持ちよかったです。(以上スキーについて終わり。短っ。)

 あとは新千歳空港でお土産を買ったりラーメンを食べたりしましたが…記憶があまりありません。へろへろと帰宅して終了。

 旅行を通していえたことは、みんなが相変わらず元気で若くて好き勝手やってるってことでした。
 いつまでもなにがあっても是非そのままで。
 また、遊びましょう♪

| おでかけB | 22:09 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

手帳の習慣。

 今年から手帳を付け始めました。
 手帳をつけるのがまるで初めてかのように言っていますが、そうではありません。
 毎年付け始めては1ヶ月と持たない手帳をなんとか年末まで埋めて見せようと、かなり意気込んでます。

 夢を叶える系の本には必ずといっていいほど『手帳』という単語が出てくるし、いっちょやってみようかと思いまして。(まあそれは毎年思っていたんですが)

 ちなみに、使っているのは陰山英男さんの『陰山手帳2008』。
 表紙に『K diary 2008』と書いてあるシンプルなもの。

 それを見た旦那が、『それって特注なの?イニシャルが…。』と聞いてきてから、より気に入ってしまいました。
 私の名前のイニシャルとたまたま一緒だったってだけなんですけどね。この手帳を選んだことに勝手に運命を感じたので、頑張ることにします。

| ふつうの日記 | 18:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

仕事始め。

 土曜日なのに出勤~♪
 しかも夜には誰も望んでないのに新年会~♪
 
 今年は会社に関しての不満をこぼさないと決めたのに、通勤初日にして挫折。
 だってツッコミどころ満載なんだもん。
 会社としての休みはもともと少ないにもかかわらず更に減るらしいし、4月から勤務時間が30分延びるのに給料は多分変わらないし、上の人たちのお金の使い方が…(これ以上はマズイ。以下略)。
 
 新年会で『みなさまのお役に立てるよう頑張ります。』とか何とか心にもないことを言いましたが、私の裏目標は『今年中に会社を辞める』ですから。

 …叶うといいな。いや、叶えてみせる、何事も。

 来年も同じことを言っていたら笑ってやってください…。
 (ちなみに去年も多分同じようなことを言っていた)

| ふつうの日記 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

適当青春旅行~鬼退治編

 本日も晴天なり。
 
 鬼退治に行くことに。
 行き先は、桃太郎のお話に出てくる鬼ヶ島。高松港からフェリーで20分…あれ?10分だっけ?…とにかく女木島(メギジマ)というところ。
 ここには鬼が住んでいたと言う洞窟が観光の目玉(と言うかそれしかない)。夏場は海水浴場としても賑わうそう。

 …と、すんなり行けばよかったんですが、一悶着。
 鬼退治の後小豆島にもフェリーで渡ろうと思っていたのに、時間的にどちらも行くのはかなり無理があるということが女木島行きフェリーの券を購入してから判明。

 『もう鬼ヶ島行かなくていいんじゃね?』と、鬼退治に対してやる気のない様子のサル。
 『猛ダッシュでまわればなんとかなるんじゃないの。』と後先考えないキジ。

 ここはひとつ…と、男らしく桃太郎が『鬼ヶ島に行こう!』と決めてくれ、一件落着。

 文明の利器・フェリーに乗り込み、大した苦労もせず鬼ヶ島に向かう三人。気分を盛り上げる為に、桃太郎とキジの二人はわざわざ岡山で買ったきび団子を食べることに。
 サルはわがままにも『甘いからイヤ。』と拒否。
(配役については想像にお任せします)

きびだんご

 キジが武者震いに(?)震える手で撮った為、ピンボケ。

 そうこうしている内にあっという間に女木島に到着。
 
 目的地である鬼の大洞窟については、奥行き約400メートルの洞窟…と言うことくらいしか知らなかったのですが、行ってみてびっくり。

 …洞窟自体は意外にちゃんとしてる…!(失敬な)

 入り口はとても狭く、守るに易い。
 脱出経路についてもちゃんと考えられている。
 水も洞窟内で得られるようになっている。

 ガイドさんもいろいろ説明してくれて、なかなかおもしろかったです。

 まあ、そこここにおいてある絵やら人形やら真実の口のパクリやらが、昔あったかもしれない緊迫感を奪っている気はしましたが…これもまた味でしょう。

鬼が島

 『日本一』と臆面もなく自らを称する桃太郎より、鬼に対して親近感をおぼえてしまう。

 探検を終え、洞窟の外にいた鬼のオブジェを退治し、無事目的達成。
 洞窟は山の上の方にあるので景色もよくて、いいところでした。
 そこから、別の山の上にある巨大な像(日蓮上人?)が見えて、周りの景色から完全に浮いていたのですが、送迎バスの運転手さんにそのいわれも聞くことができました。

 『○○(地名…忘れた…)の饅頭屋(だった気がする)の社長に、「買ったは良いけど置く場所がないからおいてくれ」と言われ、島の衆で山の上まで運んだんだ。当時はもっと人がいたからなぁ。今はじいさんばあさんばっかり200人くらいだけど。戦争中、銅を提供しろとお達しがあって、その像も差し出すように言われたんだけど、おろす手段がないから無理だと言うことで、難を逃れたんだ。』

 …饅頭屋もすごいけど、重さが5トンもあるらしい銅像を人力で山の上まで運んだ島民もすごい。
 どこまで本当か謎ですが…。

 フェリーで高松まで戻り、うどんを食べることに。
 昨日のがいまいちだったからリベンジ。

 ガイドブックを見てうんうん唸っていたら、そばにいたおじさんが

『うどんか?うどんならちくせいがいい。そんなに遠くないから。』

 タクシーを拾い、行き先を告げると今度は運転手さんが

『麺のうまさならうえはらの方がいい。ちくせいは天ぷらだ。』
『こんぴらさんでうどん食べたのか?…そりゃダメだ。あそこで食べるなら少し離れたおがわうどんがいい。細麺の元祖で…。』

 …熱く語られてしまった。それぞれこだわりがあるんですね…。うどんを愛しているんだなあ。
 結局ちくせいに行くことにし、到着。そんなに遠くないって言ったのに意外と遠かった。
 店の前には長蛇の列。しばらく待って入店。

 うどん


 半熟卵の天ぷらとちくわ天。注文してからあげることもあってとっても美味しい。
 もちろんうどんもとっても美味しかった。

 高松を後にし、途中姫路で降り、姫路城を外から観る。(急激な場面転換)

 姫路城

 とってもきれいで立派なお城。
 
 で、そのまま名古屋に戻り、そこから私たち夫婦は新幹線で神奈川へ。
 当然座ることができず、ずーっとたちっぱなし。
 家についたのは23時前。
 あーーー、疲れた。

 …最後、はしょりすぎだろう。でもまあ、文章量が多くなりすぎたので自己規制。

 この翌日から仕事だった私は、もう20代の無理がきかなくなっていることを痛感したのでした。
 でも、今までにないアクティブな正月を過ごせたことに、『今年の私は何かが違う…!』なんて思ってみちゃったりして。

 最後になりましたが、旅行に一緒に行かせて下さったBさま、ありがとうございました!
 この旅の中で、一番年上だったはずなのに一番若々しかった気がします。あやかりたい…。

| おでかけB | 23:50 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

適当青春旅行~初詣編

 帰省したその足で18切符の旅に出ました。旦那の同期の方、旦那、私の3人で。

 多分目的は初詣と鬼退治。
 メンバー的に桃太郎、猿、キジ…まあ一匹足りないけど仕方ない。
 アバウトながらもとりあえず初詣…と言うことで、最初の行き先は香川県は琴平にあるこんぴらさん。
 
 所要時間:7時間8分 (乗車時間:6時間23分)
 乗換回数:5 回
 総額:7,330円
 距離:464.5km

■刈○(伏字にする必要はない気がする…)
|  JR 東海道本線(東海)特別快速(米原行) 104.3km
|  07:50~09:19 [89分]
|   ★岐○駅で今回の旅の主役(桃太郎役。以下Bさん)と合流
◇米原 [3分待ち]
|  JR 東海道・山陽本線新快速(姫路行) 198.4km
|  09:22~11:46 [144分]   
◇姫路 [19分待ち]
|  JR 山陽本線新快速(播州赤穂行) 88.6km
|  12:05~12:24 [19分]
|    ★穴子のお寿司を買う
|      ⇒美味しくなかった(おなかぺっこぺこの状態で食べたのに…)  
◇相生 [1分待ち]
|  JR 山陽本線(岡山行)  
|  12:25~13:30 [65分]
|   
◇岡山 [14分待ち]
|  JR マリンライナー35号(高松行) 50.5km
|  13:44~14:23 [39分]
|    ★サワラの押し寿司を買う。鬼退治用にきび団子も購入。  
|    ⇒サワラだと言うことを前面に押し出しているのに、原材料を見ると  
|    ヤナギと書いてある(ヤナギはサワラの一歩手前)。いいのか。 
|    ま、成長具合が足りないだけで同じ魚だけどさあ。 
|    味も…(以下略)。 
◇坂出 [7分待ち]
|  JR 予讃線(琴平行) 11.4km
|  14:30~14:58 [28分]
|    ★讃岐富士がよく見える。
|    ⇒『あれが富士だなんて』と頑なに認めない旦那。  
|    そりゃ日本一と比べちゃねえ。でも意外と立派 。ほら。

さぬきふじ1

|    …腕の悪さかこうして見ると立派に見えない。ここから先カメラマン交代
|     他にも全身金ぴかのゴールドタワーやら、石垣のやたら立派な丸亀城も見えた。

ゴールドタワー

|    ↑ゴールドタワー。15分105円で遊び放題のプレイパーク(らしい)。
|    本当に金ぴか。すごい趣味。周りの景色から完璧に浮いてる。

■琴平到着

 移動はこんなかんじ。
 行程の大半座れて楽だったけど、私のトイレが妙に近かったりして変な疲れが。
 『今すぐ行けない』と思うと重圧がかかるのかすぐ行きたくなっちゃうんですよねぇ…。困った癖です。
 ……え?私の尿意の話なんてどうでもいい?(当たり前です)

 気を取り直して話を戻しましょう。
 さて、こんぴらさん(金刀比羅宮)でのお参り。宗教違うけど別にいい。こういうのは文化だし。
 以前お母さん、弟と3人で来たことがある場所。とっても懐かしい。
 その時は明け方人のいないときに行って、静謐な感じがとてもよかった記憶が…。

こんぴらさん1

 ひいっ。すごい人。まあ当たり前か…正月だし。逆にがらーんとしてるのもちょっとね。
 ここから700何段かの階段を登りきり、お参り。3人それそれおみくじを引く。

  Bさん…大吉
  旦那 …小吉
  私 ……吉

 くっ。私が一番悪い。一瞬小吉のほうが吉より下だと勘違いしかけてニヤリとしそうになったじゃないか。酒におぼれるなとか書いてある。余計なお世話だ。

 おみくじは期待通りとは行きませんでしたが、一つよかったのは以前から持っていて気になっていた京都の鈴虫寺のお守りを返却できたこと。ずーっと、持ってること自体気になってたんですよね。仏教徒でもないのにって。ならなぜ買ったんだという話なんですが…あそこにいって買わない人はいないんじゃないかと言うくらい有名な幸運の黄色いお守り。買わないと後悔しそうな気がしてつい購入。いかにも日本人の私。
 本当はそのお寺に帰すべきなんでしょうけど行く機会もないし、捨てるのも忍びないし…ちょうどよかった。

 こんぴらさん2

 多分本宮の屋根。(小さくて見難いですがクリックすると一応拡大します)
 金・金・金…金の字が10個も。なんか金運上がりそう(多分そういう意味じゃない)。

 お参りも終わったし、引き返してもよかったんですが、あと500何段か階段を登ると奥社があるとのこと。
 ヘタレの称号を得たくないとの一心から登ることに。

 …登り始めて数分後、後悔。
 ブーツなんて履いてくるんじゃなかった。
 三十路目前らしく(?)息も絶え絶えになりながら奥社到着。

こんぴらさん3

 …まあ、何があったってわけでもないんですが…(罰当たりな)。
 でも1368段を登りきった達成感を得ることはできました。
 あと讃岐富士もよく見えた。

 さぬきふじ2

 (後姿を勝手に拝借)

 まあ、1368段登ったら1368段おりないといけないわけで…転げ落ちそうになりながらもなんとか下山。

 参道沿いのうどん屋でさぬきうどんを食べる…けど言うほど美味しくない。
 きっとピンきりなんでしょうね。しかも観光地ど真ん中だし、地元の人相手のところじゃないとダメなんだきっと。
 それにしても、さっきから食べるもの食べるもの全部『美味しくない』って言ってるような…。まあ今日はひきが悪かったんですね。今後に期待。

 そんなこんなで高松駅まで戻り、近辺のホテルへチェックイン。
 高松駅が自動改札じゃないことや周辺が意外と寂れていることに驚きつつ周囲を徘徊、よさそうな居酒屋さんで晩御飯&お酒。
 今回初の美味しいお食事。
 しかし、なんとかサワー一杯で酔ったため何を食べたかあまり覚えていない。
 何かの刺身とカキフライとスモークサーモンのお茶漬けがおいしかった。

 …特にオチはありません。
 強いて言えば、気を遣ってもらって一人部屋だった私は、早く寝ればいいのについうっかりミッドナイトQさまを最後まで見てしまい、感動する番組でもないはずなのにもらい泣き(しかも号泣)してしまったことくらいでしょうか。…思えばそれが今年の初泣きか…なんかヤだな…。しかもその約10日後、同じくQさまの別のコーナーをみてまた泣いたし。私の泣きツボは一体どうなってるんだ。

 …2週間も経ってから書いたから記憶がおぼろげ(今日は1月15日)。
 しかもこれ、明日の分もあると言うのにまだ手付かず。
 多分超短編で終わるであろう事を予告しておきます。

| おでかけB | 19:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かいつまんで。

 みなさん、どんな初夢を見ましたか?

 私の今年最初の夢は、

 イカの骨(さばくと出てくる透明な骨状のもの。甲というらしい。)をひたすら抜き続ける夢

 でした。
 我ながらどうなの、それ。精神的に危険な香りをひしひしと感じるわ。
 しかもご丁寧にも新年一発目の夢がそれだなんて。非常に悔やまれます(悔やんだところで…)。
 それにしても夢占い的にどうなのか、ものすごく気になる(知らない方がいい気もする)。

 さて、話変わって帰省時のできごとダイジェスト版。

●青春18切符での帰省も意外といける(寄り道込みで8時間)。ただし気分的に片道が限界。
●相変わらず旦那のご実家でもくつろぎまくる。遠慮0(すみません…)。蟹とお鍋がとっても美味しかった。
●股関節の骨折で2ヶ月近く入院していたお母さんの、退院後の様子を確認。外出するときや階段は杖を使うようだけど、家の中では思っていたよりしっかり歩けていて一安心。
●もうすぐ海外に8ヶ月間留学する弟と少し話す。話し足りなかった。
●毎年正月恒例、部活の友だちに会う。みんな元気そう。だんだんお母さんになる子も増えてきてにぎやか。赤ちゃん、とってもかわいい。

 …こうして箇条書きにすると楽しくなさそうな印象ですが、家事から解放され、家族や友だちにも会え、とっても充実した帰省でした。
 ここからさらに18切符の旅に出ると言う若さ炸裂の(?)一週間。
 旅の話はまた次の日の日記で…。

| ふつうの日記 | 20:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あけましておめでとうございます。

2008年年賀状


 絵:旦那
 彩色:私
 我が旦那様、なかなか絵心があるでしょう?
 衝撃のオールド●ッキーを披露したのと同一人物とは思えません。


 昨年末は大放置をかまし、存続の危機に瀕していた当ブログですが、今年はぼちぼち復活しようと思います。
 ぜひぜひたまに覗いてみてくださいませ。

 と言うわけで、あけましておめでとうございます。

 あまりに久しぶりすぎてブログのログイン画面や管理画面がいつの間にか変更されていたことに戸惑い、トップ画面に知らない広告が掲載されていることに驚き、それ以上に文章の書き方すらおぼつかない自分に一番困惑していますが、まあ適度に頑張ります。

 良い一年になりますように願いつつ…。

| ふつうの日記 | 23:55 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。