2006年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

趣味、外食。

 今日の夕飯は外食でした。だんなさんと。
 ちょっとリッチにフレンチ☆をば。きゃー贅沢。
 今月の食費は大丈夫かって? いいの。だんなさんのおごりであって私の懐は痛まないから(ひどい)。

 なんでも、会社で貰ったナントカ賞の賞金が入ったとのことで。
 我が家はお小遣い制ですが、そういうイレギュラーな収入はがんばった当人に帰属するというルールがあるのです。
 私もがんばんなくちゃな~(株とか株とか株とか…)。
(※ちなみに節約をいくらがんばっても、潤うのは家計であって私の懐ではないので、自分を潤わせる為には生産しなくてはならないのです。)

 話がそれました。本題は食事の話。
 行ったのは相模大野駅近くにあるレストラン メランジェ
 『パリのプロスペールモンタニエコンクール準優勝の新鋭シェフ志村信プロデュースの本格フレンチ』だそうな。
 うーん、嫌でも期待が高まると言うもの!
 料理は準優勝コースとやらを注文。

■アミューズ(海老を冷たいホワイトソースであえたもの)
■鮮魚(鯛)のカルパッチョ 紅茶ドレッシング
■冷製さつまいもとゴボウのポタージュ
■本日市場から届いたお魚のポワレ 季節野菜とパプリカのクリームソース(この日はホッケでした)
■お口直しの氷菓子(だいだいのシャーベット)
■子羊のロースト 子羊のjusとミントが香るグレープシードオイル
■グランマルニエ香るにんじんのクレームブリュレ オレンジソルべ添え
■水出しコーヒー


 うーん、聞くだけでデリシャス。
 どれもおいしかったけど、私はカルパッチョと子羊が好きだったなー。
 ものすごい高級食材を使っているわけじゃないのに、どの料理も独創的かつ丁寧に料理されていて(お前にそんなこと分かるんかいと突っ込まれると痛い)大満足でした。

 フルボトルの白ワインも頼んで1人5千円。
 むむ。満足度からしたらそんなに高くないぞ。なにせ私のお金じゃないからね…と言うわけでなく、例え自分のお金であっても惜しくない感じでした。

 帰り道、結局飲みきらず紙袋に入れてもらったワイン片手に満足度を語り合う二人。

『おいしかったよねー。いかにもフランス料理な〝高級食材〟使ってなくても。季節感があってかえっていい気がする! フォアグラとかキャビアとか、別にもうそんなにいらないし。』

 …文章にしてみるとなんか鼻持ちならない感が。何故?
 おいしい料理をたーまに食べるのが趣味の貧乏人たちなんです。だから聞き流して…

『あっ!このワインの紙袋、捨てるのもったいないよ。
再利用できるんじゃない?』

 ほら、やっぱり貧乏人。さっきまで『フォアグラとかどうでもいい』とか言ってた人間のセリフか、それが…。 
スポンサーサイト

| お買い物・グルメ | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。