2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パスタ・シャーベット・カーニバル。

 昨日のスキーの余韻が体のあちこちに残っており、洗濯・買い物をしただけで力尽きてしまいました。
 掃除をするはずが…。リビングは目も当てられぬ大惨事。足の踏み場もない。明日からが思いやられるなあ。平日疲れて帰宅したときに部屋が散らかっているのを見ると、叫んで暴れたくなるんですよねえ~(そこまで嫌なら片付けろとは至極まっとうな提案ですが、できん)。

 そんな日に手の込んだ料理はしたくない、と言うことで今日のメニューは
【朝昼食】ペンネアラビアータ
060312ara.jpg

【夕食】だんなさん:ぺペロンチーノ(レシピはこれ
    私:カルボナーラ
060312pepe.jpg

 うわーすごい。パスタ三昧。気分はすっかりイタリア人(偏見です)。
 ぺぺロンチーノはだんなさんの好物。土日の昼間は必ずといって良いほどこれなので、私のぺぺ製作の腕前は『場末の寂れた喫茶店のランチメニューになら出せる』程度にはなっているに違いない。…うーん、いいのか悪いのか結構微妙。

 食後にはデザートを。
060312sweet.jpg

 我が家で大ブームのフルーツシャーベット。今日はみかん缶を使用。
 だんなさんは甘いものが大嫌いで、私が如何においしいクッキーを焼こうがケーキを作ろうがまったく食べないのですが、これだけは別。『砂糖の甘さは嫌い。シャーベットは自然の甘さだから食べられる。』と言って喜んでます。実はそれなりに砂糖が入ってるんですけどねえ…。作っているところを目撃しているのでそのことは知っているはずですが、都合の悪い情報は見なかったことにしたらしい。この調子で他のデザートももりもり食べてくれませんかね。そうすれば私もリミッターを外して堂々と食べるのに(肥満街道一直線の予感)。

 ちなみに、クランベリー、ブルーベリー、マンゴー、パイン缶、みかん缶とさまざまに試行錯誤した結果、安い割に缶詰がおいしいことが判明。
 思い返してみれば、週に3回は作った気がする。冬だと言うのに結構食べたなあ…。夏になったらどうなることやら。まあ、一日一缶でも月3000円。既製品を買うよりは安いもんですね。

 *レシピ* (教えてもらったものなのですが、いろいろ試して少しだけ材料と分量を変えました)
①フルーツの缶詰(1缶)の中身をタッパーに入れ、冷凍する(汁は使わない)。
②凍ったら取り出し、白ワイン大さじ1.5・レモン汁大さじ1・砂糖大さじ1(生のフルーツを使う場合は、もう少し増やしてもいい)をフードプロセッサーに入れ攪拌する。なめらかさが欲しければ生クリーム大さじ1を入れる(※ただし、あまりたくさん入れると白くつぶ状に固まったクリームが目立ちます)。
③お皿に盛って出来上がり。
 
 フードプロセッサーがなければ、半解等の状態で厚手のビニール袋に入れて揉んでもいいみたい。手も冷たくなるし大変だとは思いますけど…。

 あっという間の簡単デザート。3種類くらい作ってお皿に盛って、ミントの葉でも飾ればばおもてなしにもよさそう。次はどのフルーツを試そうかなー。
スポンサーサイト

| 料理 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。