2006年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2006年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

春爛漫スキー。

 日帰りスキーに行ってきました。
 行き先はエコーバレースキー場。
 メンバーは、だんなさんの同僚と私、総勢6名。本当は7名のはずだったんですけど…お一人は結石のため欠席(事実は洒落になってない…)。『日記に書かれるかも』と危惧されていたそうなので、敢えて掲載(鬼)。お会いできなかったのが残念です。次こそは一緒に遊びに行きましょう。

 早朝4時半に集合し、一路スキー場へ。途中、分岐を間違えたりしたものの、無事到着。責めているわけではありません。なにせ私は中央道、上越自動車道、長野自動車道のどれが正しかったのかすら未だにわかっていませんから(いばるな)。手作りクッキーを持参したぐらいじゃ帳消しにならないほどおんぶに抱っこです。

 さて、肝心のスキー場の様子

060311echoski.jpg

 いいですね、快晴!
 コースの大半は緩斜面、家族連れ多し。スタッフの人はおじいちゃん・おじさんが多くて親切。初心者によさそうなスキー場です。
 ただ、気温は高め、雪はかなり重めだったため、へっぽこスキーヤーの私には結構ハードな負荷。
 シャッシャッと軽快に滑っていく皆に対する私

 ずるっずるずるずる~

 …のび切ったラーメンか…。脱力…といきたいところですけど、変に力が入っているのですぐに足が痛くなり、午後2時には皆より先に上がってしまいました。男性陣3人はタイムの計れるコースに挑戦したりと実にアクティブ、女性2人もまだまだ軽快に滑っていたのに…情けない。
 早めに上がった私は何をしていたかというと、レストランでコーヒーを飲んで居眠りしてました。もうほとんどおばあちゃん。いいんだ。誰からも愛されるかわいいおばあちゃんになるのが夢だから(今の現状だと〝誰からも愛される〟と〝かわいい〟の双方が抜けていて結構痛い感じ…)。

 午後3時過ぎに上がり、スキー帰りの定番、温泉に寄りました。途中の〝国内唯一、大洞窟風呂〟と言う看板にひかれて入ってみると、そこは昔CMでよく見た『池の平ホテル』。…寂れ具合(失礼)がかなり気になるところでしたが入浴することに。
 ただ、その大洞窟風呂とやらは、混浴なので水着を付けろとのこと。そんなもの持っているわけもなく、仕方なく〝湯浴み衣〟(肩の部分を紐で結ぶムームーみたいなやつ)とやらを借り、いざ出陣。

 …若い女性でそれを着用していたのは私たち3人だけでした…。

 何がまずいって、
①お湯に入るときスカート部分が浮いて気になる。
②生地的に、つかって出た後体にまとわり付いてボディライン(と言えるような立派なものでもないにせよ)が丸分かり。
 …二度とあれを着用して風呂には入らん。と言うか、改善を要求します。もう行かないと思うけどね…。

 ホテルの玄関に鎮座した巨大な白鳥数匹(異様)に見送られ、帰路へ。
 途中、おぎのやで夕飯を

060311kamameshi.jpg

 峠の釜飯です。甘い杏や栗も入っていて意外でしたが、おいしゅうございました。

 これを書いている翌日、筋肉痛です。たった数時間しか滑ってないのに…。でも運動で疲れるのって気持ちいい。また遊びに連れて行ってください! え?…たまには自分もがんばれ? ご、ごもっとも…。

 
スポンサーサイト

| おでかけ | 23:00 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。