| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダイエット中?

 スイートポテト製作~。

 スイートポテト

 あっつあつの芋をむくのを旦那に手伝ってもらいました。
 大量に作ったものだから、冷めないうちに一人で皮をむくのは無理がありまして。それに熱くて熱くて私の柔肌にはちょっと荷が重く…(よく言うわ)。

 スイートポテトは食べられるお菓子の一つのようだったので、二人で美味しく食べました。
 もうちょっとなめらかな方が良いとかもう少し甘くない方が良いとか言われていた気がしますが、私的にはおいしかったです。むしろもっと甘くても良かった。
 ただ、確かになめらかさは足りなかった。どっちかと言うとホクホクと言う感じ。なめらかにしようと思ったらちゃんと裏ごししたり材料を見直したりしないといけないなぁ。
 まあ、美味しすぎると食べすぎちゃってダイエットの妨げになるから、ちょうどいいか(我ながら、こんなもの作っておいてダイエットしてるって言いはる自分にびっくり)。
スポンサーサイト

| 料理 | 21:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひとりごはん。

 朝からダイエット用おからクッキーを製作。

おからクッキー

 以前から何回か挑戦しているのですが、どうもしっとりし過ぎてたり甘みがいまいちだったりと、うまくいったためしがない。
 今回はどうか…と思いつつ、ぱくり。

 …硬っ!

 かたすぎる。なんだこの歯ごたえ。
 噛むと言うより噛み切ると言う感じじゃないと食べられない。
 …確かにダイエットにはいいのかも知れんが…。うーん、これも失敗か。
 いつか理想のおからクッキーを作ってやる~!
 多分、その理想に近づけば近づくほど、ダイエットからは遠ざかると思われますが。

 夜は旦那が飲みに行くと言うので、なんとなく駅まで見送りに行くことに。用もないのに駅までお見送り…なんて美しい夫婦の姿。私がノーメイクかつ部屋用よれよれTシャツと言ういでたちでさえなければ。

 もともと、車で出発したものの渋滞が酷いからといったん帰ってきた旦那にSuicaを渡す目的のみで家から出たので、部屋にいるありのままの姿だったわけです(言い訳)。
 結局、せっかく駅まで来たのだからとその格好で駅周辺を散策し、あまつさえデパ地下で惣菜まで買っちゃうと言う無謀なことまでして帰ってきました。
 開き直っちゃえば意外に大丈夫と言うことが分かりましたが、何かを失った気がします(羞恥心とか)。でもまあ、他人のことなんて誰も見てないですからね。

 その勇気の証↓

ひとりごはん

 ちなみにメインは後ろにひっそりと佇むもちクリームです。
 初めて買ったのですが…味のチョイスを間違ったのか、ちょっと甘すぎたかな?と言う感じ。特にキャラメルプリン味。中から出てきたカラメルが喉を直撃して咳き込むくらい甘かった。
 次買うことがあったら和風味のものにしてみようと思いますが、今のところ雪見大福に軍配。
 ま、たまにはこういうひとりごはんも楽でいいですね。お金はかかるけど。

| 料理 | 19:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スタミナ饅頭。

 仕事から帰った後、優雅に過ごす時間なんてない(原因:ビリー、家事など)のに、何をとち狂ったのかこんなものを作ってしまいました。

 にらまんじゅう

 燦然と輝くにら饅頭。
 レトルト品じゃありません。何と皮から手作り。
 まるでお店で買ってきたかのようじゃありませんか(←明らかに言いすぎ)。

 ここで『とっても簡単にできましたぁ』とか書けると良いんですが、残念ながら『まるで格闘技でした』としか言いようがない労力の賜物。

 いや~、レシピに『所要時間40分』って書いてあったから舐めてました。私は皮を作り始めてから焼きあがるまで1時間半はかかりましたが、どういうことでしょうか?
 まあ、あんを作るのは下ごしらえをして材料をこねるだけなので簡単。問題は皮。

 うまく円形にのばせない。
 できたと思ったら薄くなった部分が破れる。
 できたものを重ねていたら皮同士がくっついて再度やり直し。

 …などなど、数々の障害にもめげず(大半自業自得)、あんを詰めるところまで言ったと思いきや、餃子と違って中にどれくらい入れればいいのか加減が分からない。

 困惑の末の第一作目が左のもの↓

 にらまんじゅう2


 うわ、ひどーい…。子どもの泥遊びレベル。
 ちょっとどころか完全に具がはみ出しているところがポイント。
 ちなみに、右側のが最後の方のものです。進歩してます。
 そりゃ、にら饅頭24個もつくりゃ少しは上達しますわね。

 そう、24個。ちょっとねー量も多すぎたんですよねー。大人二人の食卓に饅頭24個なんて絶対必要ないもん。
 おかげで翌日会社の弁当に、強烈なスタミナ臭を放つにら饅頭を持っていくという暴挙に出る羽目になりました。

 このようにいろいろ失敗した部分はあるんですが、味の方はおいしいとお褒めをいただきました♪
 今度はもっと余裕のある時、優雅に作りたいなあ。

| 料理 | 23:06 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

坦々麺。

 突発的に食べたくなったので、今日のご飯は

 坦々麺

 ゴマたっぷり、坦々麺。
 
 昨日、録画してあった〝愛のエプロン〟のラーメン対決を見て、『ラーメンスープが食べたい』と夜中に言い出し、自分でネギをたっぷり使ったスープを作って食べていた旦那。私もお相伴にあずかったことで触発されてしまったようです。

 ラーメンを素を使わずに作ったのは初めてだったのでかなり不安だったんですが、私的にはおいしかった。
 旦那は…『上盛りがおいしい』としきりに言ってました。スープはどうなんだ。とちょっと思ったけど、ちゃんと飲みきってくれたのでまあ大丈夫だったんでしょう(メタボ的には大丈夫じゃない気もしますが)。

 それにしても、最近一品作るだけでものすごい達成感を感じてしまう私。気候も暑くて仕事から帰るとよれよれになっていると言う理由以外に、食に対する欲求が薄れているのも大きな比重を占めているような…(坦々麺というこってりした料理が食べたくなったりしてる時点で『食に対する欲求が薄れて…』等といっても全くもって説得力がないのが残念なところ)。

 これでも最近は、土日に旦那がご飯を作ってくれるのでとっっってもありがたいのです。平日まで食事を作るのを放棄したら、料理の腕が更に鈍るのみならず、私はまず間違いなくまともな夕飯を食べなくなるだろうから、自分の健康の為にも適度に頑張らねば。

| 料理 | 21:23 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うきうきクッキング。

 愛しのこたつを片付けました。
 もう春ですしねー。とても晴れていたのでカバーを干すのにちょうどよかったし。
 でもちょっと早かったかなあ。こたつでぬくぬくの幸せ、来年までお預けかあ…。
 
 こたつだけじゃなくて布団干しやら掃除やらもちゃんとしたんですが、今日はそれだけではありません。久しぶりにお菓子などを製作。

 蒸しパン

 ハート形(きゃっ)の豆乳蒸しパン。
 調整豆乳の紙パックに載っていた豆乳蒸しパンの作り方が気になっていたので、作ってみました。なにせ、ホットケーキミックス、豆乳、砂糖、卵を混ぜて陶器の器に入れ、レーズンを散らして蓋をして、レンジで2分チンするだけ。
 味が気になったというよりは、〝レンジで2分チン〟だけで本当に蒸しパン状になるのかが気になって…。

 で、実際どうだったかというと、見事に膨らんで一見蒸しパンになりました。
 …そう、一見。
 食べてみると、ちょっと硬い。妙な噛み応えが…。
 でも、作るのは簡単なわりに美味しかったです。

 お次は…

 バターサンド

 バターサンド!
 六花亭のバターサンドが大好物な私としては見逃せない。
 ずいぶん前からレシピを見て気になっていたんです。
 クッキー焼いて、クリーム作って、はさんで完成。
 文章にするとたった一文ですが、さっきの蒸しパンとは違って手間ひま惜しまない一品。
 生地を寝かせたりする時間も含めると結構かかりましたが、久しぶりに『お菓子作ってる!』って感じで楽しかったです。

 クッキーの焼ける匂いっていいにおいですよね!大好き。
 旦那は顔しかめてましたが…。

 出来上がったバターサンドのお味は…もちろん美味しかった!
 お店のとは違いましたが、クッキーの味やクリームのさっぱり感はお店のより私ごのみだったかも。ま、出来立てと手作りという贔屓目もあるかもしれませんが…。
 旦那にとっては世界で一、二を争うほど嫌いな種類のお菓子だったはずですが、食べなきゃという義務感でもあったのか(別に強制してないのに…)一つ食べてくれました。眉間に皺が寄らなかったところを見ると、思ったより大丈夫だったのかもしれません。

 また作りたいなあ。
 本当は、お菓子作りは人の為の方がやる気が出るんですけど、たまには自分の為もいいですね。

| 料理 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

豚肉シチュー。

 春分の日?何それ?
 と言うわけで出勤です。

 会社でお昼ご飯を食べ終わった後、きゅーっと胃痛が。
 一緒に食べていた課長さんに、『胃が痛いですっ。これが噂に聞く“ストレスで胃が痛くなる”ってやつでしょうか?』言った直後、昨日レモン汁と酢の一気飲みをしたことを思い出しました。絶対ストレスのせいじゃないと思う。 ちなみに今は治りましたけどお腹も壊してました。ほんと馬鹿ですね。

 いつもは祝日休みの旦那も、出張のため今日から3日間名古屋へ。
 ふふん。祝日出勤の悲しさ、思い知ったか。…じゃなくて、名古屋へ帰省できる羨ましさと一人で三日間過ごさなければいけない寂しさのため、部屋の隅でひざを抱えてます(何このうそ臭さ)。
 まあ実際ひざを抱えてはいませんが、羨ましいのと寂しいのは事実。
 それに、自分ひとりのためにご飯を作るのほどやる気の出ないことはない。
 今回も手抜きしちゃおっかな~。との考えを見透かされるかのように、出発前の旦那から

 『ちゃんとまともなものを食べるように。この件に関してはまったく信頼してない。二日間作らなくてもすむように一日だけがんばってシチューでも作ったら?』

 とキッパリはっきり釘を刺されました。くっ…何故ばれたんだ。

 去年彼がラスベガスへ出張している間に、しそ天そばのみを食べ続け高熱に倒れたと言う情けない前科があるだけに反論は許されません。
 と言うわけで、今日の晩御飯はシチュー。
 夫の言いつけを守って、なんて貞淑な妻(単に自己管理ができてないだけ)。
 でも私が作るのは鶏肉のシチューばかりでつまらないので(最近安い鶏胸肉ばかり食べていて飽きたとも言う)、豚肉のシチューを作ることに。

 豚肉シチュー

 あっという間に完成~。
 ちょっといろどりが悪くて美味しくなさそうだけど実は美味しい。
 少しでも華やかにしようと、ランチョンマットだって敷いちゃいますよ。すぐ取ったけど。だって汚れるもん(意味なし)。

 さて、ごはんは食べ終わった。
 あとは洗濯干してお風呂洗って…。ああ、一人でも家事をやらなきゃいかんのは変わらないんだよなあ。
 でも明日はご飯も作らなくていいし、洗濯もしなくていい。なーーーんにもせずにごろごろしよう。うふふふ。
 …なんて言ってみても、貧乏性だから何もしないのは落ち着かなくて結局バタバタして後悔するような予感がする。休むときは休んで元気でいることも、大切なことだって分かっちゃいるんですけどねー。
 勝手に空回って疲れ切って『自分って大変』オーラを出すことほど、周りにとって迷惑なことはないと最近会社の人見て思います。気をつけよ。

| 料理 | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラー油初挑戦。

 私の実家はラー油を常備していません。
 初めてラー油を見たのは、多分餃子の王将かどこぞのラーメン屋か…とにかく大人になってからでした。だから、ラー油が家になくても特に気にならない私。
 が、我がだんなさんは常にラー油がないとダメらしい。
 しかも使う量が尋常じゃないので、卓上サイズの小さいラー油では数日ももたずに空っぽ。
 大瓶のラー油は近所に売っていないし、これはもう作るしかない!
 と言うわけで、ラー油を作りました。
 とりあえず初めてだし、ネットのレシピを参照にしつつ適当に製作開始。

 【用意したもの】
 ごま油 400g
 粗引きの唐辛子 100g
 にんにくのみじんぎり 
 しょうがのみじん切り
 山椒少々
 五香粉(ウーシャンフェン)少々

 【作り方】
①ボウルに唐辛子と山椒他を入れておく 
②200度近くに熱した油に、にんにく・しょうがのみじん切りを入れ、香りを出す
③①のボウルに②をじゅーっと注ぎ込む
④一晩寝かせて、出来上がり

ラー油

※ ボウルに油を入れてじゅーっとなっているの図

 一晩置いて、漏斗を使ってごま油のビンに詰め替え。

ラー油


 唐辛子他をこさずにそのまま入れたので、かなりどろどろしてます。
 味は…うーん、あんまり辛くないような…香ばしすぎ?にんにくが効きすぎ?何かが違う…。
 レシピにあったネギを入れなかったのがいけなかったのか?
 にんにく・しょうが1かけ分と書いてあったのに大量に入れたのが良くなかったのか?
 うむむ。改良の余地ありです。

 次はおいしい手作りラー油になるといいなあ。

 そうそう、手作りものといえば、バター。
 以前は動物性の高い生クリームを使って作ってたのですが、同じ作り方のまま植物性の安い生クリームで最近作ってみました。
 コクは少し劣るけど、あっさりしたおいしいバターが完成。
 バター状になるまで、下手したら1時間強執念で瓶を振り続けなければいけないのが難点ですが、これだけおいしく安くできるなら許せる…かな。振ってる途中は『もう二度とやるか。』って思うんですけどね。食欲には勝てません。

| 料理 | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あったかごはん。

 私は仕事、だんなさんは休みの一日だったので、晩御飯を作ってくれました。
 リクエストしたのは『体があったまる料理』

 まず一品目~

ほたるいか

 蛍烏賊のバター炒め
 塩辛すぎず絶妙な味。ニンニクの香りもきいています。

 二品目~

きのこ汁

 きのこ汁
 しいたけ、舞茸、えのきなど、きのこたっぷり。
 舞茸は以前のお土産。冷凍していたものを使ってくれたみたい。
 冷凍した方が香りがいいときいていたけど、確かにそうでした。
 しょうがもたっぷりで体があったまる!

 どちらも美味しかったので、今後炊事の担当を変わって欲しいと切に願ってみました。聞き入れられませんでしたが。

 家に帰ってきてごはんができてるって何ていいんでしょう。いいだんなさんを持ったわ…などと思いつつスキーで撮った写真・デジカメの整理整頓。
 その途中、私が滑っている動画をパソコンの画面で見てみました(撮影者:だんなさん)。
 下手くそやな~と思いながら見ていると、私が転倒するシーンが。そこではっきりと確認しました。撮影者が『ははっ』と笑った声を。
 くっ、屈辱…。
 ま、まあ今回は、ご飯を作ってくれたから帳消しってことで許してあげよう(ちょっと笑ったくらいでそんな…)。

| 料理 | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

祝日ディナー。

 祝日においての当日記お決まりの枕詞と言えば、

 世間は三連休だというのに私は今日も寂しく出勤です。

 今の会社に転職してから1年半以上が過ぎ、いい加減仕事にも慣れてきました。入社後半年くらいに『仕事が少なくて暇』と言っていた時代より当然作業は早くなり、現在は更にこれでいいのかと心配になるくらい暇……もとい、仕事に余裕があります。

 祝日は最も悲惨な日。出勤して1時間で仕事が終わってしまう為、残りの7時間はただの拷問。ま、いいことなんでしょうけどね…。忙しい人からすればこんなこということ自体『ふざけんな』だろうし。
 でも会社内の他の課の様子も暇そうなのを見ると、『無駄だから休みにしちゃえよ』と思っちゃう。そうすれば無駄な電気代もかからないし、待遇が良くなったってことで社員のモチベーションも上がると思うんだけどなあ。

 …とまあ言ってもしょうがない愚痴はこの辺にして…。

 祝日出勤して唯一いいことは、時々だんなさんがごはんを作ってくれること。
 今日も私が作るより数倍豪華なディナーが待っていました。

 サーモン

 サーモンとアボカドのミルフィーユ わさびマヨネーズ添え

豚肉ソテー

 豚肉ソテー
 写真はありませんが、ねぎとろ丼

もつ煮

 極めつけ…もつ煮
 
 サーモンのには、以前作ってもらったときにはりんごが入っていましたが、今回はかまぼこ! また違った味わいでとてもおいしい。玉ねぎも普通のではなくサラダ用のものに替えたそうです。
 一度おいしいと思ったら芸なく同じものを作り続ける私とは大違い。

 豚肉ソテーもちゃんと筋切ってお酒と玉ねぎのソテーに30分以上つけて置いてあったからか、とっても柔らか。
 下ごしらえを手抜きなくするあたりが私とは大違い。
 
 ねぎとろ丼も、前回私が作ったときはねぎを多く入れすぎてねぎ丼の様相を呈していたときとは大違い。

 どれもおいしかったけど、中でも一番びっくりしたのはもつ煮でした。味は濃すぎず、適度な甘みとピリッとした辛味。材料もレンコンやしょうがなど、体を温めるものばかりがたっぷり。食べると芯からぽかぽかに。
 味付けは素をベースに色々やっているそうですが、詳しくは教えてくれませんでした。いいもんね。秘密にするならまた作ってもらうだけだから。

 いやー、祝日頑張って仕事した(?)甲斐があるってもんです!
 でも今日は大半の時間、整頓したり切手を取り出しやすいように箱の仕切りを作ったりと言うおよそ仕事とはいえないことばかりしてた…。こんな豪華な食事に見合った労働だったかは…甚だ疑問です。

| 料理 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新レパートリー!

 土日しか更新しないと言う多忙な人のふりをしてますが、実際はそうでもありません。
 19時頃帰ってきて、ご飯作ったりニュースをチェックしたり日によっては掃除洗濯したりしてたらあっという間に22時前になってるだけで。
 喜ばしいことに先々週あたりからだんなさんが少しだけ早く帰ってこられるようになったので、その時間になると帰るコールがあり、後回しになりがちな日記は書かずじまいになるんですよねー。
 まあそんな、誰に求められたわけでもない言い訳はその辺にして…今日の日記。

 以前だんなさんにケーキを作ってもらったと書きましたが、今日はなんと新メニュー!
 前日の金曜日、『今日突然思い出したんだけど、スポンジケーキ、クッキー、ゼリー、カスタードクリーム、生クリーム、フルーツを使う家庭的なケーキと言うよりデザート。…材料があってカスタードクリームさえ作ってもらえれば作れるよ。名前に〝ト〟がつく奴…。頭文字じゃないかもしれないけど。』と言うので、『タルト、トライフル…』と思いつくままに挙げたら

『そう!トライフル!!』

 ネットで調べてみたら、確かにあるあるTrifle。「取るに足らないもの、ささいなもの」という意味とのこと。ありあわせの材料を重ねていくと言うイギリスの家庭的なデザート。
 甘いものが大嫌いなのに、どこでそんなもの知ったのかと聞けば、どうやらずいぶん昔に読んだ小説らしい。

 そこまで分かったら満足してしまったらしく、『あ~もうやり遂げた気分。作らなくても良いや。』とふざけたことを言い出したので、強制…もとい懇願して土曜日の今日、作ってもらうことになったのです。

 大き目の器にカステラを敷き詰めラム酒で香り付けし、更に砕いたクッキーも敷き詰め、ラップして冷蔵庫でしばらく置く
 ↓
 だんなさんがカシスのジャムから作ったゼリーと私が作ったカスタードクリームを敷き詰め、再度冷蔵庫でしばらく置く
 ↓
 生クリームを全体に塗り、りんごなどのフルーツをちりばめ再度冷蔵庫へ
 ↓
 スプーンで別のお皿に豪快に盛り完成!!

とらいふる


 …写真の腕もあり、見た目はまあアレですが、これがおいしいんですわ! 全部甘いものを入れればかなりくどいものが出来上がること請け合いの材料たちですが、ゼリーに使ったジャムは砂糖不使用の甘さ控えめのもの、フルーツもたっぷり、カステラにしみこませたラム酒の風味がまたすっきりとして…全体的にちょうどいい甘さになってるんですね。
 嫌いなのにこれほどおいしいものを作るとは…なかなかやるな…と言うより、大半のものをレシピを見ながら作る私よりはるかに上かと…くっ、屈辱…(まあもう慣れましたが)。

 例によって例の如くだんなさんは一口二口しか食べないので、今日明日とトライフル三昧です私。
 血糖値と体重は大丈夫かちょっと心配なんですけど。
 まあ食欲の秋だし、いいよね!(いいのか?)

| 料理 | 21:55 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おからクッキー試作。

 土曜日に作ってもらったケーキを今日の朝に完食。
 3日間でどれだけカロリー摂取してんだ…怖くて計算できません。

 にもかかわらず!

 おからクッキー

 …何作ってんだ…(しかも夜中に)。

 何って、おからクッキーです(開き直ったな)。
 いやー、土曜日買ったおからの賞味期限が今日だったからさー(確信犯)。私おから自体はあんまり好きじゃないから、お菓子にするしかない(なら買わなきゃいいのに…)。お菓子は太るけど、おからなら行けるだろう! 〝おからクッキーダイエット〟って言うし!

 なんて苦しい言い訳を並べてますが、実はこのクッキー、試して作ってみるのは2度目。しかもつい先週作ったばかり。
 出来栄えは…味は置いておいて(はい、正直失敗しました)、確かにひとつ食べるのに絶対水分がいるくらい食べ応えがあるしお腹も膨れる。うまく使えばダイエットにいいのかもしれない。
 前回味がイマイチだったのは、甘さが足りなかったのとパンみたいにぱさぱさだったのが原因。で、リベンジと言うわけ。
 
 卵の黄身と砂糖を追加、新たに小麦粉を入れました。

 …あれっ。ダイエットクッキーの趣旨から離れた気が。
 ま、いいか(よくないだろう…)。

 で、肝心のお味ですが、前よりクッキーらしくなりました。
 私としてはもうちょっと改良の余地ありだと思うんですけど、これ以上やるとただの高カロリーなクッキーになる気がするので我慢しておきます…。
 ああ、甘いものが嫌いになれれば良いのに。
 でも、すぐそばの甘い物嫌いな人を見てると、人生の楽しみを何割か奪われているようで勿体無いって思っちゃうんですよねー。
 ま、むこうはむこうでいつまでもダイエットに成功しない甘い物好きの私をどういう目で見ているか、分かったもんじゃないですが…。

| 料理 | 21:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいしい季節。

 ケーキ第二弾

 いきなり説明もなしに写真。
 またケーキを作ってもらいました。
 バナナがパイナップルに変化。
 どうだー。うらやましいだろう!ノロケだノロケ!……と開き直ってみました。

 晩御飯は餃子。
 2人しかいないのに65個も製作。
 しかも包んでいる途中で皮が足りなくなって買いに行くという不手際ぶりをいかんなく発揮(今まで何回作ってるんだ…)。
 
 私の実家では餃子は1人10個くらいでご飯と一緒に食べるのが普通でしたが、こうやって餃子を大量に作って食べる食べ方はだんなさんの実家に教わりました。みんなで包んで、食べて、楽しいものです。

 ごはん星人の私は、こんなに大量に餃子があってもなおご飯を炊いてしまって(しかもそれを食べてしまった上にケーキも食べてしまって)ちょっと後悔。
 食欲の秋とは言え調子に乗って食べ過ぎました…。

| 料理 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゼリーと格闘。

 数日前、以前持っていた株の株主優待が送られてきました。
 その中にアイスコーヒーが一パックはいっていたのですが、ミルクなし・加糖のアイスコーヒーってあんまり好きじゃないんだよねと大人ぶってみる私(…むしろ、ミルクなしがダメと言う時点で子どもじゃ…)。飲まないのももったいないし、コーヒーゼリーを作ることに。

 私はお菓子作りが大好きなんですが、実はゼリーを作るのは苦手。
 ゼラチンもしくは粉寒天と言う奴がどうも信頼できん。
 固まるか固まらないか、冷やして数時間後にならないと分からないあのギャンブル感。ケーキは膨らまなくても食べられるけど(そう?)、ゼリーは固まらなかったらただの飲み物だし。
 いくつか本を見たら、〝沸騰直前まで温めた液体にふやかしたゼラチンを入れてよく混ぜる〟という作り方が大半だった中に、〝水にゼラチンを入れふやかし、レンジで溶かしたものをそのまま入れる〟というのがあったので 『ゼラチンが溶けないんじゃないのか…?』と思いながらも、まともにやるのは面倒くさいからと、それでやってみることにしました。

 今思えば、面倒くさがらずここでちゃんとやっておけばよかった…。

 見た目溶けたように見えたので、そのまま冷蔵庫へ。
 3時間経っても固まらず。
 やっぱりゼラチンが溶けてなかったんだろうと鍋に入れ直して温める(最初からやればいいのに…)。
 さてここで、ゼラチンを信用していない私。量が足りないのかもしれないと思い、中途半端に残っていたのを全部投入。ええ、計量もせず。最初に入れた量よりむしろ多かったんじゃないかなあ~(こらこら…)。
 ものの数秒でまずい事をしたしたと気づきました。

 だってかき回すそばからどんどんスライム状になっていくんだもの。

 いやー、焦りましたよ。
 普通ちょっと冷やした頃にようやく固まるはずのものが、ガンガン熱しているにもかかわらずどんどん固まっていくんですから。
 修正する為に、私がしたことは…そう、水を投入。うむ、適切な処置(それまでが不適切すぎてもう…)。
 なんとか液状に戻ったのですが、当然量は倍

 私がお菓子作りにあるまじき慌てぶりでどったんばったんやっていたので様子を見に来ただんなさん。ゼリーが多すぎて器が足りないと訴える私(ゼラチンを追加投入したことはもちろん秘匿)。

 『なんで鍋に戻して熱しただけで倍になるの。』
 
 さあ~?妖精さんかこびとさんの仕業じゃないとすっ呆けつつ、タッパなどを総動員して何とか冷蔵庫に収めました。
 いやー、一時はどうなることかと…。

 その後、無事に夜ご飯。

 晩御飯

 左:エビのカクテルコンソメジュレ添え
 右:ニラと豚肉のチヂミ

 エビはだんなさん、チヂミは私作。
 チヂミが焦げてるように見えるのは気のせいです。
 エビのカクテルは2度目ですが、今回はコンソメのゼリーが新顔。プルプルしておいしかった!上にかかってるわさびマヨネーズとの相性も抜群。

 このエビにかかってるゼリーもだんなさんが作ったのですが、ゼラチンを使う際、

『計量スプーン貸して~。こういう化学的なものはさすがにちゃんと量らないとね。』

 …ピンポイントで耳が痛い。
 ええ、化学を無視して野生の力に頼った私が悪うございました。
 それに、散々書いてきて今気づいたんですけど、私が使ったのゼラチンじゃなくて粉寒天だったよ…。そんなことすら確かめずに作ってたのか。そりゃ失敗するわ。

 肝心のコーヒーゼリーの出来栄えですが、

 なんだかとても防御力の高いゼリー。味は普通。

 ってところです。まあ、食べられる物ができてよかったってことで…。
 でもいつもの如く、甘いからって食べてくれないんですよね(私にしては甘さが足りないんだけど)。1人であの量を消費するのか…ちょっとげんなり(自業自得です)。 

| 料理 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金銀チャーハン。

 昨日、だんなさんは友だちのところに遊びに行くはずでした。
 が、仕事が終わらないからと泣く泣くキャンセル。
 …そりゃGABAでも食べんとやってられんわ。でも本人曰く、『このチョコ食べたら却ってストレスが溜まった。』だって。
 甘いもの嫌いだもんねえ…と言うか、私の記憶が確かなら、このチョコ食べきれず私にくれたの2度目ですよ。『今度は大丈夫かと思った』そうですが、だんなさんにしてはずいぶん分の悪い方に賭けたもんです。藁にもすがりたい思いだったんでしょう。

 そんな忙しいだんなさんに、晩御飯を作らせた鬼嫁は私です。
 いや、作ってと言ったわけじゃありません。自ら率先して作ってくれたんです(無言の圧力を感じたのかもしれませんが)。
 
 金銀チャーハン


 金のチャーハン、銀のチャーハン!
 すごい名前。
 金は、卵の黄身をご飯と混ぜて炒め、醤油で味付け。
 銀は、卵の白身をご飯と混ぜて炒め、鶏がらスープで味付け。
 ご飯ぱらっぱらでおいしかった。
 具がないのに飽きずにもりもり食べられる。
 特にレシピを見るわけでなく、昔読んだマンガを思い出して作ったんだそうで。
 私にはそういうセンスがないんだよなあ~。うらやましい。

 金銀茶漬け

 締めは金銀茶漬け。
 チャーハンでわさび茶漬けをしただけなんですが、これもおいしくいただきました。
 
 最近スープばっかり作っているのでそれ以外の料理の腕が著しく落ちている気がする私。一家の稼ぎ頭はだんなさん、料理がうまいのもだんなさん…ではあまりに情けない。存在意義の希薄化に危機感(そのわりに態度がでかい気が…)。

| 料理 | 20:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自家製○○。

 今日も昨日に引き続き活動的な夫婦。いったい何があった?(いや、別に普通のことなんでしょうけど…)
 
 22時からの“日本VSクロアチア”戦を一緒に見ようと、夜お客様が来て下さることになっていたので、掃除を念入りに。
 びっくりするほど汚かったです(爽やかに言うな)。
 
 さらに、昨日洗ってあく出ししておいた青梅を使って梅酒を漬けることに。
 
【材料】(5L瓶)
 青梅  1.7Kg
 氷砂糖 850g
 ホワイトリカー 2.7L

梅酒

 これらを瓶に詰め、冷暗所に保管。
 手間的にはあく出しした梅の水気を一つ一つふき取るのが面倒だったくらいでたいしたことはなし。が、漬け終わってみて重大なことに気づきました。

 この梅酒、とてつもなく高いんじゃ…?

 “自家製梅酒”という言葉にひかれて作ることにしたものの…瓶の値段を入れなかったとしても軽く3,000円は超えてる。怖くてはっきり計算してないけど、下手したら4,000円超えるかも。
 自家製の醍醐味のひとつは“経済的”じゃないのか。
 バターといいこの梅酒といい、手間暇かけて非経済的なものを作るのが好きみたいです。我が家は。
 まあ、趣味でやってるのでお金が多少かかってようがいいんですけどね。
 問題は、おいしくできるかどうか。5リットル作ってまずかったら結構つらいぞ…。
 バター並みにおいしくできるといいなあ。審判が下されるのは数ヵ月後。楽しみなような怖いような…乞うご期待。

 他に自家製というキーワードで興味津々なのが、ビール。
 東急ハンズに行く度にだんなさんが指をくわえんばかりの勢いで欲しそうにしてますが、こちらお値段一式で一万円以上する。
 さらに、24度位でずっと保っとかなきゃいけないそうで…そんな場所は我が家のどこを捜してもない。
 そういう事情で諦めていますが、いつかやってみたいものです。
 ビールは無理にしても、次は何を作ろうかな?

| 料理 | 16:50 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

懲りずにスープ。

 またスープか。
 と言われそうですが、またスープです。
 今日も作りました。
 
 今日のはですねー、具の新たな仲間としてホタテさんが加わりましたよ! うーん、豪勢。
 …って、当初のものからどんどん離れて行ってる…。

・手羽元でだしをとるようになった
・玉ねぎ、セロリをよーく炒めるようになった
・カレー粉の変わりに味噌を入れるようになった
・唐辛子の本数が日増しに増えている
・ホタテが加わった

 デトックスープって呼べなくなってる気がする。
 
 ところで、最近晩御飯はこれだけと何か一品。食費的にお得なように思えるけれど、実際はどうなのか。
 計算してなかったのでしてみることに(数値は近所のスーパー参照)。

 玉ねぎ3個    39円×3=117円
 セロリ1本    159円×1=159円
 キャベツ1/4玉  99円÷2=50円
 ピーマン1個     33円×1=33円
 鶏手羽元1パック        250円
 トマト缶1缶            88円
 にんにく・赤唐辛子他、調味料 50円

               合計 747円

 …これを、2人で夜食べる。私はお弁当としても持っていく。
 そうすると、2日でなくなります。8杯分くらい?
 1杯当たり93.375円!
 んまー。お安い。
 今日はこれにホタテが入ったから約1000円で、1杯あたりは125円。それでも高くはない。

 すばらしいわ。おいしいヘルシー家計にやさしい。
 昨日飽きたとか行ってましたが、食べてみるとやっぱりおいしいんですよね…。気分的に食傷気味なだけで。
 
 まあ、こんなにスープスープ連呼してもアレなんで、当分スープネタは控えます。なにせ週に最低2,3日は登場してる気がする。

 次これが登場するのは、『スープを作るのをやめました』って時です、多分。
 これから暑くなる季節、いつまでこのホカホカスープを作り続けるか見ものだな…。

| 料理 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デトックスープ・ネオ。

 金利の本を読んでいて、ふむふむなるほどと納得していたのに、

バルブの崩壊』

と言う一節を目にしたことで信憑性が失墜。
 バルブ…バブル…どっちにしても崩壊は大変そうですが…。 


 それはさて置き今日の晩御飯。

デトックスープねお

 …またスープかよ。と言うなかれ。
 今日のは一味も二味も違うぞ!!
 なにせ味付けはだんなさんの手によるもの。
 包丁が使えないと言い張っているが、彼には明らかに私より優れた料理のセンスがある。

 さて、このデトックスープ・ネオ、何が変わったかと言うと…。

・材料は前回のまま、さらに手羽元追加。
・手羽元を焼き付けて、鍋でだしをとっている。
・玉ねぎとセロリをしんなりするまで炒めてから、スープに投入。
・最後に味噌で味付け。

 これだけで、もうすんごくコクがでました。
 たくさん煮込んでるから、肉が骨からあっさり外れるほど柔らか。

 ただ、油も肉も使ってるし、玉ねぎセロリを炒めてるから、デトックス効果的にはかなり落ちるとは思いますが…。
 こんだけおいしけりゃまだ続けられると言うもの!(実はさすがに10日以上たって食傷気味だった)

 更に嬉しいことに、だんなさんも夜これだけでいいって!!
 今まで自分は食べないのにがっつり料理を作っていた私。
 す、炊事がむっちゃ楽になる…やった…。
 ただ、その理由が『夜帰るのが遅すぎるのにしっかり食べるともたれて辛いから』。
 だんなさんが仕事漬けにさえなっていなければ回避できる事態だと思うと、ちょっと可哀想…。
 まあ、一緒にダイエットと思ってがんばろう!
 おいしくてたくさん食べ過ぎないようにね。

| 料理 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おじや?パエリア?

 昨日一昨日とデトックスープをお休みした私。さすがに10日以上連続だとちょっと飽きてきちゃって…。
 『毎日秋刀魚じゃ飽きちゃう。たまにはさばの味噌煮が食べたい。』みたいな(浮気の言い訳か)。
 で、今日は土曜日。作る時間は山ほどあったわけですが、どうも作ることに対して乗り気になれず、ぐずぐず。
 だんなさんに『スープ、作った方がいいかなあ?』と聞いたところ、

『当たり前でしょ。』

 との御返答。しかも即答。
 本人は食べないのにこの力強さ。
 妻のダイエットの成功を心底願う、夫の切実な気持ちを垣間見ました。

 で、その気迫に負けてデトックスープを作ったわけですが、結局今日は食べずに放置。
 何故かと言うと…

おじや

 だんなさんが自分用に作った『和風フレンチパエリアミラノ風~そこはかとなく中華の香り』。

 あまりにおいしそうだったのでこっちをいただいちゃいました。
 それは良いけど、すごい料理名。〝トマトと鶏肉のおじや〟でいいんじゃ…と提案したけど、素気無く却下されました。本人にはこだわりがあるようで。
 よーく炒めた玉ねぎ・にんじん・にんにく・しょうがにトマト缶と鶏胸肉、鶏がらスープの素、味噌、牛乳、赤唐辛子、シーフードミックスを入れて煮込み、冷ご飯を投入、最後に粉チーズととろけるチーズを入れて完成、と言う代物です。
 4人分はあったと思うんですが、2人でぺろりと平らげてしまいました。

 ダイエットからちょっと(?)遠ざかったようです。
 ま、いいか。たまには。(←これを10数年繰り返してる気がする)

| 料理 | 18:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

懲りずに別スープ。

 また『漫画家の犬』に載っていたスープを作ってしまいました。
 紹介されたレシピをことごとく試そうとしている私。熱烈な信奉者と化してますね~。
 
 で、今度は何スープかというと、コラーゲンたっぷり
〝手羽先とホタテの中華スープ〟
 
スープ

 …のはずが、材料が微妙に違う。手羽先のはずが手羽元、ホタテの貝柱のところをベビーホタテ。そこはかとなく陳腐な偽物の臭いが…。

 まあおいしそうだから、いいか。
 実際のところどうだったのかと言うと、私はデトックスープがまだ残っているので、食べてません。
 お肌にいいはずのこのスープ、この家の住人で食べるべきはだんなさんより私のはず。
 残ったら明日食べようと思っていたのですが、甘かった。
 だんなさん、見事二人前完食。
 
 …おいしかったんだね。
 妻の肌がぷりぷりになるチャンスは逃しちゃったけど、よかったね。
 恨みに思っているようでいて実は、煮込んだ鶏の骨付き肉はあまり好きじゃないので食べてもらってちょっとほっとしている私(じゃあなぜ作ったんでしょうか)。
 ちなみに焼いたり揚げたりした手羽先は大好き。山ちゃんの手羽先、胡椒多めでひとつ!
 〝世界の山ちゃん〟、新宿や池袋まで出ればあるみたいだけど…手羽先の為に出るには遠いなあ~。以前1人暮らししてたとこでは、徒歩圏内に6軒もあったのに(そんなにあってよく潰れないよな)。遠い目。

| 料理 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デトックスープ結果発表!

 先週日曜日から始めたデトックスープダイエット
 朝昼晩ひたすら、狂ったようにスープ三昧。
 時々、鶏胸肉をゆでただけのものや野菜ジュースを摂取。
 おやつは食べず、大好きなご飯やパンも食べず……というのはちょっと嘘。
 実は最後の二日間、朝ごはんに8枚切りパンを食べてしまいました。
 デトックスープを始めるきっかけになったブログ・『漫画家の犬』に〝揚げ物、パンなど小麦粉を使った食品は食べない〟って書いてあったのに…。
 いやー、パンの消費期限が17日に切れちゃったもんだから食べなきゃと思って(冷凍させろ。それ以前に、普段消費期限なんて見てないくせに)。

 とまあ禁止事項を見事に破りながらも、今日で2回目に作ったスープを残らず平らげてしまったので、ひとまず終了。
 さて、結果は如何に…!?

 52.8kg ⇒ 50.8kg (▲2kg)

 公の場(でもないけど)で恥ずかしげもなく軽くない体重(重いとは言いたくない)を発表するなとか、0.5kg単位の体重計なのに小数点以下の〝.8〟と言う半端な数字は何だとか、いろいろ小首を傾げたくなる点はありますが、そんなことはどうでもよろしい。

 1週間で体重が2kg減!
 しかも食べる量を制限したわけでなく、健康的に。
 おお~ぱちぱち。すばらしい~。効果覿面でしたね!

 ま、どうせすぐ戻るんだけどね……っていかん! そんな斜に構えた態度では! それを防止する為に、戒めとしてわざわざ日記に体重を書き残したんだから(この日の日記が修正もしくは削除されていたら元の木阿弥になったと思っていただいてまず間違いありません)。

 一日3食スープからは卒業しますが、これからも一ヶ月に何度か作ろうと思ってます。普通のスープとしても単純においしかったので。

 …と、うきうきの私と裏腹なのがだんなさん。
 今日飲み会だったはずなのに、まだ(22時過ぎ)仕事してるみたいなんですけど…。
 更に言えば、明日(土曜日)も会社行くつもりみたいなんですけど…。
 その上重ねて言えば、そんな状況なのに今月振込分から給料が下がるって噂なんですけど…。
 
 最後の噂に関しては、私まだ信じてません(むしろ信じたくありません)。
 なんでも残業手当がつかなくなるとか何とか…。
 そんなひどい仕打ちはやめてけろ~(錯乱)。
 やめてくれないと怪文書送るぞ(しかも矢文で)。

 なーんて、じたばたしたって無駄なのよね……。
 これしきのことで大蔵大臣(私)は負けません。
 見とれよ、会社め(って、何ができるって言うんだ)。

| 料理 | 22:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デトックスープ。

 作ってしまいました。
 食べれば食べるほどカロリーが燃える、血液さらさら魔法のアイテム。
 漫画家・柴田亜美さんのブログ『漫画家の犬』で紹介されていたダイエットスープ
 柴田亜美さん、ドラクエ4コマの頃から好きだったんです(私的ツボはチャッピーと大根)。パプワくん、アニメも見てたなあ~(少なくとも小学校は卒業してた頃に)。

 そのスープ、ブログを見ていただければ分かるかと思うんですが、結構すごい。大量投入した野菜を塩こしょうなどで味付けして煮込むだけと言うシンプルレシピなんですが……材料が

 玉ねぎ・セロリ・キャベツ・ピーマン・トマト

と子どもが泣いて逃げ出しそうな錚々たるメンバー(セロリ嫌いの私も逃げたい)。

 更に、そこにだんなさん監修のもと、にら・にんにく・しょうが・唐辛子も投入。
 そればかりか、セロリが嫌いだと言うのに『1本残しても使わないでしょ。』と強引に2本丸ごと入れられ、部屋中にセロリ臭が充満(洗濯物部屋干ししてたのに…)。

 魔のスープ1

 初期状態。溢れんばかりの具材たち。
 色彩的にはきれいですが、臭いが、臭いがあー。

魔のスープ2

 ぐつぐつ数分。
 …戦況は更に悪化するばかり。
 どうなるんだ、これから。
 
 …その後保温器に鍋を入れ、外出。
 いろいろあった後、帰宅(その話はまた別の日記で)。
 玄関の鍵を開ける前から臭う。募る不安。
 
 だんなさんに味付けしてもらうことに(味見をする勇気がなかった)。それまでコンソメとブイヨン、塩こしょうのみだった味付け。『甘すぎる。』と塩と大量のカレー粉を追加し、完成。
 
魔のスープ3

 見た目…悪くない。
 臭い……臭くない。
 戦闘力…unknown。
 覚悟を決めて、いざ、実食!

 あ、あれ…おいしい?

 セロリもほとんど気にならない。後味が少し残る程度。
 『デトックス効果でダイエット』と言うより、『味がキツくて食欲減退、ダイエット』になりそうな予感がしてたのに、それを大きく裏切る出来栄え。体もぽかぽかあったまって、早速効果を実感。これならがんばれるかも!

 と思った矢先、何故か夜中に生クリーム入りビンを振り振り自家製バターを製作。
 ダイエットしてるのは私だけですからねー。だんなさんが食べたそうだったし。
 30分ビンを振り続けてできたバター。いつもと様子が違う。
 普通なら
 しゃびしゃび⇒クリーム状⇒再度しゃびしゃび⇒固形と液体に分離⇒固形だけ取り出す
 で完成なのに、今日のはそこから更にクリーム状に戻ってしまいました。どうやら振りすぎたらしい。失敗か、と思いきや…

 バタークリーム

 とろ~りふわふわクリーミーバター。今までのと全く違う。
 おいしいを連呼するだんなさん。…私は食べないよ!

 …と思ったのに…ああ…(やっぱりな)。
 明日からまた仕切りなおしだ…。
 デトックス1日目は、予定外においしくできたバター(と言うか私の食欲)のせいで残念な結果に終わりましたが、スープは意外なほどおいしかった。
 みなさまも是非やってみて下さい。
 ただし、洗濯物を部屋干ししてない状態で。 

| 料理 | 22:44 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

どこぞのディナー?

 2日かけて食べる予定のカレーを昨日1日で食べつくされ、意気消沈していた私(誇大表現)。
 今日はそんなことも帳消しにした上、更にお釣りが大量にくるほどの出来事が。

 私は仕事、だんなさんは休みの2日目。
 通勤電車はそれなりに満員なのを見て、日本人の数割は確実に『ゴールデンウィークゥ~?はあ?何それ?』と言う気持ちでひとつになっていることを確認しつつ帰宅。

 …くんくん。いいにおい。
 やさぐれた心にしみるぜ…。

 な、何と!
 だんなさんがご飯を作ってくれてました!
 まあ、それ自体は何度もあることなんですが…。
 見よ!今日の料理の数々!

 晩御飯1

 【前菜】サーモンのミルフィーユ仕立て
 【サラダ】グリーンサラダ オリーブオイルドレッシングで

晩御飯2

 【メイン】ポークソテー 飴色玉ねぎソースをたっぷりと
 写真はありませんが、
 【スープ】しょうがたっぷりブラックオニオンスープ

晩御飯3

 【デザート】リッツの手作りりんごジャムのせ

 …私が普段作ってる料理って一体…。
 ひどいときは肉焼いただけとかキャベツ蒸しただけとか…恥ずかしいーー!!

 特に、サーモンのミルフィーユ仕立てがおいしかった!
 間にはさまっていた玉ねぎとりんごのしゃきしゃき感。
 程よくぴりっと、わさびとマヨネーズのソース。
 どこをとっても文句のつけようがない。

 これだけのものを何も見ずに作ったんだそうです。
 ああ…ますます私の立場が…。
 あ、あのー、もしよろしければ、普段の食事係もどうですかね…?
 その代わり、普段放置してる掃除をがんばるようにするから(それだけ?)。
 え?ダメ?…くっ、やっぱり。
 負けずに精進します…(前もこんなこと書いた気がする)。

| 料理 | 19:48 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

悶絶とろろ。

 今日のおかずは手抜きの王道、豚キムチ。
 メインはむしろとろろご飯。
 だんなさんが大好きなんだそうです。
 が、正しい作り方を知らなかった私。すり下ろした大和芋をそのままご飯に乗せてしょうゆで食べてしまいました。

 …うーん、なんか違う…。

 慌ててネットで調べたら、『すり下ろした芋をだし汁で伸ばす』と書いてあるではありませんか。道理で違うはずだよ。

 大和芋をすり下ろし、だし汁で伸ばすのは帰宅しただんなさんにやってもらって一段落。
 化粧水をつけたきりで、未着手だった乳液を顔に叩き込んだ私。そう、芋をすったまさにその手で。ろくに洗いもせぬままに(洗えよ)。

 …
 ……
 ………ぎゃーーーーーーす!!!!
 か、か、か、痒いよーーー!!!!! 
 
 しばらく悶絶しました。
 皆さん、とろろ系の芋をすった後は手をよく洗いましょう(言われるまでもない)。

 悶絶で思い出したのが、昨日食べた衝撃的に不味いもの。
 表参道ヒルズでだんなさんのお土産用に買った〝燻製ブルーチーズ〟。

 〝燻製〟と〝ブルーチーズ〟という斬新な取り合わせに引かれての購入だったのですが、それがあんなに物議を醸す品だったとは。
 まずはだんなさんが一口。

 『ぐはっ!』(飼い主に裏切られた子犬のような目で)

 …あはは!何そのリアクション!
 またまた~。言うてもそこまでひどくないでしょ。グルメな人はこれだから困るわー。どれどれ私も…

 『ぐえっ!』(潰れたかえるのような声)

 あのー。すいません。おいしくないです。
 って言うか直球でマズイです

 …まじめに 人 間 の 食 う も ん じ ゃ ね え 。

 こほん。レディにあるまじき言葉遣い、失礼。
 だって、これはひどいですよ。そりゃ言葉遣いも悪くなりますわ。ひどすぎて、どこのものとは言えませんが。

 その後、そのブツを食べられるものにすべく、加熱したりたまねぎを入れてみたりと様々な試行錯誤を繰り返しただんなさんでしたが、結局撃沈。
 食べ物を粗末にするのは心苦しかったのですが…仕方ない。Go to ゴミ箱。

 何より言いたいのは、私の1,050円返せ!! ですね(小さい人間)。 
 あまり冒険するもんじゃないな。特に食べ物関係は。

| 料理 | 22:00 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お祝いケーキ。

 無意味にハイテンション。今日3つ目の更新。
 (だんなさんは今日も飲み会で、暇なだけと言う説もある。)

 昨日の日記で、『作りたいものの話はまた明日…』とか言っといて書いてないことに気づきました。え?誰も気にしてない? …いいんです。自己満足で。
 伝えたいことがたくさんあるってすばらしい(大半生産性がないのが我ながらどうかと思うけど)。

 今日は、尊敬する私の上司、経理課の課長さんの誕生日だったのです。
 
 誕生日=ケーキ。

 と言う至極単純明快、明朗会計(?)、ひねりのない思考に支配されている私は前日の昨日の夜中、ケーキを作ることに。

 じゃーん♪

 060414pcake.jpg

 なんておいしそうなのかしら!!(恥ずかしげもなく自画自賛)
 かぼちゃのチーズケーキ。←このレシピ、真面目においしいです。おすすめ。
 甘い物嫌いのだんなさんがぱくぱく食べた伝説(私の中でのみ)のケーキです。

 かぼちゃを裏ごししなければならないのに、我が家にはこし器がないため茶こしで代用
 いつもながら無理があり、茶こし(と私の心)が折れそうになりながらもなんとか完成にこぎつけました。

 で、今日食べていただいたんですが、無事『おいしい!』との言葉を賜りました。うれしい。
 まあ、そこで『マズイ!』と言う人はあまりいないだろうけど(そうと言われたらそれはそれですごくいい関係が築かれていると言えなくもないか…)。
 そう思っても、やっぱりしあわせなものですね。自分が作ったものをおいしいと言って食べてもらえると言うのは。

| 料理 | 20:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しあわせラザニア。

【前回のあらすじ】作りすぎてしまったシチュー。刻々と迫る賞味期限。シチューは生まれ変わることができるのか…?

 …はい、題名で語っちゃってますね。
 正確に言えば、ラザニアとは呼べない代物ですが。

060406raza.jpg

 …食べかけてから写真を撮ったな…。

 作り方はこんな感じ。

【材料(2人分)】
シチューの残り…………スプーン8杯
市販のミートソース……適量(むしろ適当)
春巻きの皮………………8枚
とろけるチーズ…………適当

【作り方】
①冷えて固まったシチューを春巻きの皮に包み、耐熱皿2枚(各4個ずつ)に並べる。
②市販のミートソースを①にかける
③とろけるチーズを②にかける
④180℃で20分くらい焼く(焦げ目が付かないようなら途中で温度を上げてください)

 ラザニアを作ろうと思ってスーパーに行ったら、板状パスタが500円以上したので速攻あきらめ、形の似ている(四角形と言う点しか…)春巻きの皮に変更しました。
 実家のお手製ミートソースがおいしすぎて、市販のミートソースは使ったことがなかったのですが、今回は時間もないし使ってみることに(安かったし)。ソースだけなめてみたところ、思っていたよりおいしいことが判明。まっ、実家のには敵わないけどね! レシピを教わったものの、何時間も煮込まなきゃいけないからこっちに来てから一回しか作ってないけど…。

 さて、肝心のラザニアもどき。
 いやー、クリームシチューとミートソースのコラボレーション!
 おいしかった!!
 まだだんなさんは帰ってきてないので審判は下されていませんが、まさか『春巻きラザニアもどきにはうるさいんだよね。』とは言うまい。
 
 シチューが余ったら是非やってみてください。味もがらりと変わって飽きしらず。
 これでまた手抜きレシピがひとつ増えたぞ。ばんざいv

| 料理 | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しあわせシチュー。

 一昨日、一つ前の駅で降りたのがトラウマになって電車で熟睡できません(昨日は熟睡度アップとか言ってたくせに…)。早く起きすぎて今度は二駅前で降りそうになりました(もう電車で寝ないほうがいいんじゃ…)。

 今日の晩御飯は初挑戦、シチュー。

 今まで勝手に『だんなさんはシチューが嫌いだろう。』と決め付けて作っていなかったのですが、好きだということが判明したため(そして見切り品でシチューのルーが半額になっていたため)作ってみました。
 
 とり肉、じゃがいも、玉ねぎ、にんじん、ブロッコリーのオーソドックスなもの。
 使ったルーは、コスモ食品の『直火焼銀のクリームシチュールー』。

 まずは私が試食。初めてにしては大満足のできばえでした。ほくほく。シチューってしあわせ感がありますよねー。なぜか。あー写真撮っとけば良かった。

 その後帰宅しただんなさんに、『シチューにはうるさいよ。』(ちなみにそれはシチューだけではありません。是非『うるさくないもの』を教えて欲しいものです)と脅されながらも食べてもらい、おいしいとのお墨付きを得ました。
 どーだ!まいったか! …まあ、この場合私の腕云々じゃなくてルーががんばっただけなんだけどね…。このルー、おいしいですよ。定価だとちょっと高いけど(366円だった、確か)。

 何にせよ、おいしくできてよかったよかった。
 後は、大量に作りすぎて余ったシチューを明日どう料理するか…?
 カレーはカレードリアでいけるけど、シチュードリアって味がぼけそうだよなあ…。どうしたものやら。うむむ、大問題…。

| 料理 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おいしくフルーツサンド。

 今日のお昼ご飯。

060401sand.jpg

 フルーツたっぷりフルーツサンド!
 だんなさんが作り方を教えてくれました。

 コツは
①バターじゃなくてマーガリンを使う
②ジャムを薄く塗ると良い
③ラップで包んで、冷蔵庫にてしばらく寝かせる
④家庭でやるなら生フルーツより缶詰
 だそうです。

 諸般の事情で①も②も実践しなかったんですが、それでもおいしかった。
 え?事前に聞いたくせに単に忘れてただけだろって?…違います。
 食べる直前までだんなさんが忘れていて、手遅れだったんです。自分のミスは隠蔽するくせに、人の過失(大げさな…)には厳しい私。
 
 それにしても、料理の作り方やコツなどをしばしばだんなさんに教わっている気がするなあ。職業がコックと言うわけでもないのに。
 どうやら学生時代に山篭りをしていた頃の経験が生きているようです……なんて書くと今度は修行僧みたいだな。要するに、スキー宿で数ヶ月居候してたんです(最初からそう言いなさい)。何事も経験ですね。

 そんな料理に造詣の深いだんなさんですが、おつまみのセンスはいただけない。今日も懲りずに…げべげべピータン。
 前回はあまりの匂いに顔を背けていたのでまともに外見を見ていなかったんですが…嗅いでびっくり見てびっくり。

060401pi.jpg

 …な、な、な、なんですか!? この意味不明の結晶は! 
 カビ? ばい菌? ま、まさか生きてるとか? はっ!動いた!?

 と大騒ぎしたら
『生き物の生存できる環境なわけないじゃん。ピータンが。』
と一笑に付されました。…くっ、屈辱。ピータンについて知らなくても生きていけるんじゃ! 今この瞬間にこの世からピータンが消滅しても私は一向に困らん(家庭平和的には困るかも)。
 でもどうやら、この結晶、松花蛋と言っておいしいピータンの証だそうですね。…決死の覚悟で一口いただいたものの、決しておいしくはなかったですが。

 お口直しに以前いただいたストロベリーワインを。

060401sw.jpg

 …うーん、スイート! おいしーい!
 ピータンにも見習ってもらいたいものです。って…甘いピータン、か…無理だな…。

| 料理 | 20:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

辛いこと二つ。

 今日は帰り中、会社の最寄り駅に着く前にいつもと違うスーパーに寄って買い物。
 駅に向かって電車に乗ろうとすると…『町田~成瀬間で人身事故が発生したため、遅れて運行しております』とのこと。
 ちょっと遅れている程度ならいいかと思ったら、30分で行くところを1時間かかって最寄り駅に到着。

 すし詰め状態で立ちっぱなし1時間は辛い。
 背後のおっさんが『はぁ~』と何度もつくため息がうざい(みんなつきたいよ)。
 さっきニラなんて買っちゃったもんだから肩身も狭い(通勤時間帯の電車に匂いを発する物を持ち込むな)。

 あ~、辛かった。
 
 今日はだんなさんが夕飯不要のため、冷やしうどんと納豆でおしまい。
 貧相なと言うなかれ。納豆、普通の奴じゃありません。
 
 060328natto.jpg

 コラーゲン納豆!
 最近のマイブームはコラーゲンのようです。
 
 以前『●の粒 におわなっとう』を食べたらとてもおいしくなかった(はっきりまずかった)というトラウマがあり、変り種の納豆を食べるのに少し勇気がいる私ですが…コラーゲンの誘惑には勝てなかった。
 味は、普通においしいです。納豆の味(当たり前)。

 ただ、今私の口内、皮がめくれて熱いものや味の濃いものがしみるんですよ。納豆のタレですらひりひりする。コーヒーも飲めないし。食べることが生きがいのひとつの私としては辛いっす…。

| 料理 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まったりとしていてそれでいて…。

 早速昨日のジャム食べました。大好きなホットケーキで。

060319hotcake.jpg

 家にあったジャムと比べると、やっぱり粒が大きくて、味が繊細でおいしかった(繊細さを解する心が私にあったとは…)。
 
 さて、今日は別のお料理。
 生クリームを泡立てて~
060319b1.jpg

 5分経過。泡立てすぎ? いーやまだまだ。

060319b2.jpg

 10分経過。
 う~ん、こんなはずでは。
 泡だて器に変えてみよう。

060319b3.jpg

 あらら。もはや別の物体に。
 水分と固形の完全なる分離。
 でも、いいんです。これで。
 これをきれいな布巾でしぼって…

060319b4.jpg

 できたー!バターの完成!!

 そうなんです…バターを買うお金もなくて手作りしてるんです。うっうっ…。と言うわけではありません。

 なにせ、スーパーで買ったほうが安いですから。
 200mlの生クリーム(乳脂肪40%)から80gくらいしか出来ません。
 350円の生クリーム⇒200gのバターを作ろうと思ったら、875円もかかる…ひゃーおそろしい。

 じゃあ何で手間と金かけて作るのかと言えば、答えは簡単。とーってもおいしいんです、これ。
 と言っても、作ったのは今日が初めて。だんなさんが『生クリームに塩を入れて泡立て続ければバターが作れるよ。しかも、レストランで出てくるバター以上においしい。』と教えてくれたので、実践してみたのです。
 実は昨日の夜実践しかけたのですが、使った生クリームの消費期限が2月20日に切れていて(またか…)泡立たず、今日新しいのを買ってきてのリベンジ。
 古くなった生クリームって泡立たないんだなあ…しみじみ。あっ、だんなさん、『そんなことも知らないのか』って目で見ないで下さいよ…(見られただけでなく実際言われましたが)。ちなみに、同じ賞味期限のヨーグルトは今日まだ食べられました(食べない方が…)捨てずに冷蔵庫にとってあります(捨てた方が…)。

 話がそれましたけど、このバター冗談抜きでおいしいです。
 食パンに付けて食べたパン嫌いのだんなさんに、『パンってこんなにおいしかったっけ?』と言わしめたほど。
 クリーミィで濃厚。でも、くどくない。いくらでも食べられちゃいます。食べると大変なことになると思うけど(カロリー的に)。乳化剤とか入ってないので、冷蔵庫で保存していると少し硬くなりますが、味がよければそれでよし。
 レシピは、生クリーム200mlに塩をひとつまみいれて、泡だて器で混ぜるだけ。滑らかなクリーム状⇒妙に硬くなる⇒また柔らかくなる⇒ぼろぼろになって水分と分離⇒泡立てをやめ、布巾で軽く絞って出来上がり。
 お客さんが来てくれたときとかに出すといいかも。

 ああ、こうして、我が家のエンゲル係数は上がっていくんだなあ。でもいいや。プチ贅沢は幸せだ。

| 料理 | 17:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

パスタ・シャーベット・カーニバル。

 昨日のスキーの余韻が体のあちこちに残っており、洗濯・買い物をしただけで力尽きてしまいました。
 掃除をするはずが…。リビングは目も当てられぬ大惨事。足の踏み場もない。明日からが思いやられるなあ。平日疲れて帰宅したときに部屋が散らかっているのを見ると、叫んで暴れたくなるんですよねえ~(そこまで嫌なら片付けろとは至極まっとうな提案ですが、できん)。

 そんな日に手の込んだ料理はしたくない、と言うことで今日のメニューは
【朝昼食】ペンネアラビアータ
060312ara.jpg

【夕食】だんなさん:ぺペロンチーノ(レシピはこれ
    私:カルボナーラ
060312pepe.jpg

 うわーすごい。パスタ三昧。気分はすっかりイタリア人(偏見です)。
 ぺぺロンチーノはだんなさんの好物。土日の昼間は必ずといって良いほどこれなので、私のぺぺ製作の腕前は『場末の寂れた喫茶店のランチメニューになら出せる』程度にはなっているに違いない。…うーん、いいのか悪いのか結構微妙。

 食後にはデザートを。
060312sweet.jpg

 我が家で大ブームのフルーツシャーベット。今日はみかん缶を使用。
 だんなさんは甘いものが大嫌いで、私が如何においしいクッキーを焼こうがケーキを作ろうがまったく食べないのですが、これだけは別。『砂糖の甘さは嫌い。シャーベットは自然の甘さだから食べられる。』と言って喜んでます。実はそれなりに砂糖が入ってるんですけどねえ…。作っているところを目撃しているのでそのことは知っているはずですが、都合の悪い情報は見なかったことにしたらしい。この調子で他のデザートももりもり食べてくれませんかね。そうすれば私もリミッターを外して堂々と食べるのに(肥満街道一直線の予感)。

 ちなみに、クランベリー、ブルーベリー、マンゴー、パイン缶、みかん缶とさまざまに試行錯誤した結果、安い割に缶詰がおいしいことが判明。
 思い返してみれば、週に3回は作った気がする。冬だと言うのに結構食べたなあ…。夏になったらどうなることやら。まあ、一日一缶でも月3000円。既製品を買うよりは安いもんですね。

 *レシピ* (教えてもらったものなのですが、いろいろ試して少しだけ材料と分量を変えました)
①フルーツの缶詰(1缶)の中身をタッパーに入れ、冷凍する(汁は使わない)。
②凍ったら取り出し、白ワイン大さじ1.5・レモン汁大さじ1・砂糖大さじ1(生のフルーツを使う場合は、もう少し増やしてもいい)をフードプロセッサーに入れ攪拌する。なめらかさが欲しければ生クリーム大さじ1を入れる(※ただし、あまりたくさん入れると白くつぶ状に固まったクリームが目立ちます)。
③お皿に盛って出来上がり。
 
 フードプロセッサーがなければ、半解等の状態で厚手のビニール袋に入れて揉んでもいいみたい。手も冷たくなるし大変だとは思いますけど…。

 あっという間の簡単デザート。3種類くらい作ってお皿に盛って、ミントの葉でも飾ればばおもてなしにもよさそう。次はどのフルーツを試そうかなー。

| 料理 | 20:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。